【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

政府への提言案とりまとめ、あす提案−全国知事会

本紙掲載日:2021-06-09
2面
ウェブ会議で行われた全国知事会地方創生対策本部の会合

 全国知事会(会長・飯泉嘉門徳島県知事)の地方創生対策本部(本部長・鈴木英敬三重県知事)は3日、ウェブ会議を開き、「コロナに打ち克(か)ち希望と活力ある地方の実現に向けた提言案」を取りまとめた。10日開催予定の全国知事会議の承認を経て、政府に提出する。

 会合は、40都道府県の知事や担当幹部職員らをオンラインで結んで行われ、鈴木本部長が「現在、コロナの克服が最大の地方創生であり、その先のコロナの前よりもより良くする取り組みも重要。しっかりとした対策を取るよう国に要望したい」とあいさつした。

 提言案の主な柱は、新型コロナウイルス感染症の影響で悪化した地域経済の回復・活性化対策が急務として大胆かつ迅速な経済対策の実施、特に地方創生の基盤である雇用対策への注力が必要なため、事業者支援の継続・拡充、緊急雇用創出事業の創設などを求めた。

 同感染症対策は、地方創生臨時交付金の確保・拡充として、地方単独事業に充当できる臨時交付金の増額や、事業者支援分5千億円のうち留保されている2千億円の早期配分。また、ワクチン接種の円滑な実施に向け、具体的な情報提示などを掲げた。

 このほか、生きづらさのない誰もが活躍する地域社会の実現に向けた孤独・孤立対策や子ども政策などの推進、光ファイバーや次世代通信システム5Gの整備促進などデジタル社会や脱炭素社会などの実現、防災・減災の推進などの取り組みも要望する。

 河野知事は「最重要の新型コロナ対策の財源確保に向け、全都道府県に地方創生臨時交付金の活用状況を調査している。第4波への取り組みで財源確保の必要性が強まる中、活用状況を踏まえ、2000億円の早期配分など国への強い要望活動に結び付けたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top