【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ようこそ、宮崎の農家へ

本紙掲載日:2021-08-18
8面
餅つきを実演する佐藤さん(右)と眩劼気
竹を組んでそうめん流しを実演する佐藤さん(左)
香港側からの質問に答える佐藤さん夫妻

香港の家庭向け、農泊の魅力発信−県、オンラインで体験ツアー

◆画面越しに餅つき、野菜収穫など−延岡市北方町の佐藤さん夫妻

 新型コロナウイルス収束後の個人旅行誘致を目的に、県はこのほど、香港の家庭向けに農泊体験オンラインツアーを実施し、延岡市北方町曽木で農家民泊「お和や(おかずや)」を営む佐藤健さん(73)・和子さん(73)夫妻が、農業や地域の自然、日本の文化を発信した。

 ツアーは、香港に支店を持つ大手旅行会社JTBと連携し、初めて実施。香港在住で、日本を訪れたことがある、または日本に興味のある約30世帯がインターネット経由で参加した。

 この日のスケジュールは日本時間正午から約1時間。オープニングで北方町の環境や、佐藤さん宅周辺の景色をVTRで紹介した後、佐藤さん夫妻が「ようこそ、宮崎の農家へ」と画面越しに参加者を出迎えた。

 その後、餅つきやそうめん流し、農作物収穫などの様子を紹介。このうち、餅つきは佐藤さんとJTB宮崎支店の眩丗艙さんが実演し、蒸したもち米を石臼に移し、きねを使ってぺったん、ぺったん。スイカやキュウリの収穫は、眩劼気鵑事前に撮影した様子を録画で伝えた。また、香港で人気があるというラジオ体操の実演では、参加者も画面越しに体を動かして楽しんでいた。

 質疑応答の時間も設けられ、参加者から「日本の七夕の飾りについて教えて」「秋の収穫の後、冬はどんな農業をしていますか」「お盆の行事は」などと積極的な声が挙がった。

 佐藤さん夫妻は画面を見詰めながら笑顔で応対し、「七夕は日本に昔からある行事で、織り姫と彦星の再会を願う夏の風物詩」「日本はコメ、栗、柿など秋が収穫期の物が多く、冬は春先の収穫に向けて野菜の種をまいたりしています」「お盆は、ご先祖さまを迎える行事が昔から続いています。わが家でもたいまつを燃やして仏様をお迎えし、一日置いたら送り火をたいて見送ります。その時は親族が集まって楽しく過ごします」と丁寧に答えていた。

 主催した県観光推進課の野田忍さんは「佐藤さんにとっても初めてのことだったが、前向きに取り組んでいただき、ありがたかった。香港の方たちも楽しんでくれたのでは」と話し、「今後も企画を継続しながら、インバウンド再開時に向けて宮崎の魅力をPRしていきたい」と手応えを話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top