【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域通貨のべおかCOINでバス利用促進

本紙掲載日:2021-10-11
7面

3000円分のポイント付与

 公共交通機関の利用促進、市民の移動手段維持などにつなげようと、延岡市は18歳以上の市民を対象に、バス利用ポイント3000円分を給付している。来年3月31日まで、まちなか循環バスと市内の路線バスで利用が可能。同2月21日まで申請を受け付けている。

 今年4月、総務省の「自治体マイナポイントモデル事業」に提案し、採択された施策の一つ。市は、脱炭素社会実現の観点からも重要な施策と位置付けている。

 マイナポイントとは、マイナンバーカードを使って事前申請し、申し込むと、キャッシュレス決済の利用に対してポイントが還元される仕組み。今回のモデル事業は、この基盤を活用し、同市がオンラインで給付事務を行う。

 ポイント給付を受けるには、マイナンバーカードを取得し、「マイナポイント」と同市独自の地域通貨「のべおかCOIN(コイン)」の各アプリをスマートフォンにダウンロードしていることが要件となる。ただし、一部アプリに対応していないスマホもある。

 先に取得したマイナンバーカードをマイナポイントアプリで読み取ってログインした後、自治体マイナポイントの受け取りを申請。マイ決済サービスにのべおかCOINを登録し、マイナンバーカードを読み取るなどしてポイントを受け取る。他の地域ポイントとは区別される。

 ポイントの受け取り申請方法については、図,鮖仮函市公式ウェブサイトのトップページから、「暮らしの情報」―「消費・生活」と進み、「延岡市自治体マイナポイントモデル事業『バス利用ポイント3000円分給付します』」のページ内にも掲載されている。

 受け取ったポイントを利用する場合は、バスの座席に設置している2次元コードをのべおかCOINアプリで読み取り、精算する。利用方法については、図△鮖仮函F芦菘蟾謄汽ぅ函孱截錚Tube(ユーチューブ)」でも配信している(https://youtu.be/CoOc69jrjGI)。

 自治体マイナポイントに関する問い合わせは商業・駅まち振興課(電話延岡22・7350)、マイナンバーカードの申請などに関する問い合わせは市民課(電話延岡22・7015)まで。


◆「使ってみると本当に便利」11日、PRイベントで紹介

 延岡市は11日、幸町の延岡駅バス停で、自治体マイナポイントモデル事業のPRイベントを行った。マイナンバーカードを取得し、「のべおかCOIN」「マイナポイント」のアプリをダウンロードした市民(18歳以上)の申請に応じて、まちなか循環バスや市内路線バスで利用できる「バス利用ポイント」(3000円分相当)を給付する事業で、すでに10日からバスでの同ポイントによる支払いが可能となっている。

 イベントには市民や宮崎交通関係者ら約30人が参加。用意されたまちなか循環バスの車内で、バス利用ポイントを使って精算する方法などが説明された。宮崎交通の高橋光治社長は「コロナ禍の中、接触を極力減らすキャッシュレスへの移行が進んでいる。宮崎交通としても皆さまの安心安全な利用環境づくりに一層取り組んでいきたい」とあいさつ。読谷山洋司市長は「運転免許の自主返納、脱炭素の流れが進んでいるという観点からも必要な事業」としてバス利用の促進を呼び掛けた。

 会場では、バス利用ポイントの受け取り申請を行えるブースが特設されたほか、参加者にはのべおかCOIN行政ポイント(200ポイント)の進呈もあった。

 アプリのダウンロードと受け取り申請を早速行った古城町の60代女性は「まちなか循環バスはたびたび利用している。こういったデジタル仕様のシステムは敬遠しがちだったが、これも時代の流れだと思う。いざ使ってみると本当に便利なので、周りの人にも勧めたい」と話した。


◆マイナンバーカードの取得が必要

 自治体マイナポイント受け取りを申請するために必要なものの一つに、マイナンバーカードがある。

 マイナンバーとは、日本国内の全住民に指定されている12桁の個人番号。この番号を活用し、行政機関や自治体などが持つ個人情報が同一人物のものであることを確認する社会基盤がマイナンバー制度で、社会保障、税、災害対策の手続きで利用される。

 マイナンバーカードは、個人の申請で交付されるプラスチック製のカード。電子的に個人を認証する機能を搭載している。この機能を活用し、住民票の写しなどのコンビニ交付や電子申告・納税などさまざまな行政手続きのオンライン申請にも利用できる。

 マイナンバーカードを取得するには、まず個人番号カード交付申請書を提出する。市役所窓口への持参や郵送のほか、スマートフォンやパソコンでの電子申請などがある。

 申請には顔写真が必要となる。窓口や郵送の場合は縦4・5センチ、横3・5センチの写真を申請書に貼付する。延岡市役所では、窓口で職員が撮影してくれる。電子申請の場合は画面に従って必要事項を記入し、顔写真を添付して送信する。

 次に、市から「個人番号カード交付通知書」が郵送される。必要事項を記入し、本人確認書類などを添えて窓口に持参。カードに搭載される「電子証明書」などの暗証番号を設定すれば、マイナンバーカードを取得できる。

 有効期間は、20歳以上は10年、20歳未満は5年。交付手数料は本人責任による再発行の場合を除き、無料となっている。

 問い合わせは市民課(電話延岡22・7015)まで。



その他の記事/過去の記事
page-top