【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「ひなたWOMAN」(80)延岡市の書家・岡一華さん

本紙掲載日:2021-10-19
3面

大胆筆遣いで無鑑査

 7月にあった延岡市美術展覧会。出品作が「大胆かつ自由、変幻自在な運筆は観(み)る者の肝を揺さぶる」と高く評価され、第70回記念特別賞を受賞。晴れて無鑑査に昇格した。母(西村和香さん)と兄(西村玄洋さん)に続く快挙。

 「ここまでこれたのも、師でもある母のおかげと思っております。多くの著名な先生方に出会わせてくれ、すごい作品に触れ合う機会も与えてくれました。感謝してもしきれません」

 書道は中国から漢字が伝わった弥生期ごろに始まったとされ、美しい手書きの文字はいつの時代も多くの人の心を引きつけてきた。

 「先人たちの洗練された線質を追求し、学ぶほどに奥深さを知り、喜び、楽しみが増してくるのが醍醐味(だいごみ)ですね」

 筆を持ったのは小学1年生。あまり身が入らない時期もあったが、いろんな展覧会で賞を取ると純粋にうれしかった。心のよりどころは23年前から開く書道教室。

 「現在、市内4カ所で子どもたちを中心に教えていますが、明るく楽しく学ぶ姿に元気をもらっています。教室に一番乗りなどの努力のかいあって上達し、賞を取ったときなどは指導者冥利(みょうり)に尽きます。『私も負けずに頑張らなくちゃ』とあすへの活力にもつながっています」

 延岡書道協会に籍を置き、日本書芸院二科審査員。「まつりのべおか」イメージポスターの題字を担当するなど地域おこしにも積極的。愛犬との散歩が日課で、朝日を見ては気持ちを新たにするという。

 「書道の世界も高齢化が進んでいますが、日本が世界に誇る伝統文化の灯を決して絶やしてはなりません。今後は指導者の育成にも頑張っていきたいと思います」

その他の記事/過去の記事
page-top