【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

肺がん「早期発見・治療が大事」

本紙掲載日:2021-11-25
8面

県民健康講座能勢医師が講話−県立延岡病院

 県立延岡病院の県民健康講座はこのほど、延岡市新小路の同病院で行われ、呼吸器外科医長の能勢直弘医師が「肺がんってどんな病気?」をテーマに早期発見のポイントなどについて語った。

 肺がんは世界中で主要な死因となっており、日本人では死因の第1位であるがんの中で最も多いという。原因はたばこだけでなく、現在はたばこと関係ない肺がんが増加。予防は難しく、「初期の肺がんをいかに見つけるか。早期発見、早期治療が大事」と話す。

 症状は息切れや胸の痛み、倦怠(けんたい)感、目のかすみなどが出るという。早期発見のポイントとして、’戮んに関心を持ち、気になる事があれば病院に行く検診を含め、胸のレントゲンを撮る機会をつくるJ未了で撮ったレントゲンも医師にひと声掛けて、肺がんがないか注意深く見てもらうい發卦い砲覆觸蠍や症状があれば積極的にCTを撮ってもらう――を挙げた。

その他の記事/過去の記事
page-top