【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「満願三十三社神たび」完成記念座談会(下)

本紙掲載日:2021-11-30
7面

日向神話の観光ルート完成・高千穂−延岡

◆日向をつなぐ新冊子

【柳田さん】日本には高天原(たかまがはら)神話、出雲神話、日向神話の三つしかないんです。
その一つである日向神話を研究していくうちに、後藤宮司のお話に引き込まれました。高千穂神社をはじめとする西臼杵郡内の神社に足を運ぶうちに、この話が五ケ瀬川を伝って、延岡に下り、さらに日向につながることを知りました。古文書や関係する文書をひもといていくと「これは本物ではないか」と、思うに至りました。
愛宕山が古事記・日本書紀に出てくる「笠沙(かささ)の山」で、出会いの聖地であることは容易に分かることなのに。北川町俵野のニニギノミコト御陵墓は、宮内庁の参考地に治定されているのに。神話の流れでは、なぜか延岡は素通りされている。常々残念に思っていました。

【竹尾会長】岩戸にある御鉾神社のいわれは、神武天皇が豊後水道を通る時に舟がしけに遭って、西の空に向かい祖母嶽(そぼだけ)=祖母山=に祈って難を逃れたという神話が元になっています。熊野灘(和歌山県)という説もありますが、豊後水道沖は今も難所とされていますので、しけには2回遭ったのだろうなと思っています。

【杉本さん】その点について高千穂の郷土史家の方と議論したこともあるのですが、「いずれにしても難を逃れるために祖母嶽に向かって手を合わせたのだろう」という意見で一致しました。

【黒木会長代行】私は神武天皇のお舟出のお話が起点になり、県北地域が連携して観光につなげることが一つの大きな目的だと思っています。
もう一つは子どもたちに伝えていきたいテーマであるということです。教育は公共の利益ですから、最も大切です。そこで皆さんの知見をどうやって継承していくかを考えるのが、われわれの使命。今後は私自身も、初めて日向神話に触れる人たちと同じ土俵に立って、一から学び直そうと思っています。そうすることでこの冊子の学びや楽しみ方がさらに広がると期待しています。

◇神武天皇は、県北地域で育った

【谷平会長】私には「延岡には何もない」という言葉を粉砕したいという強い思いがありました。本当に何にもないなら仕方がないけれども、「何もない」はうそっぱち。こんな言葉を繰り返すと自分たちが駄目になる。
100万人来てもらうに当たって、従来は延岡が空白だから観光ルートとしてつながらなかった。しかし、神話を勉強するほどに自信を持ちました。高千穂に天孫降臨の神話があり、神武天皇が日向から東征に出発された。さらに三重大学名誉教授で古代史研究家の宮照雄先生が「神武天皇が延岡を含む県北地域で育った」と断言してくれたことで、つじつまが合いました。空白地帯だと思っていた延岡というピースが埋まることで、日向神話の観光ルートが完成したと思っています。私はこの「神社巡り」を、ゆくゆくは四国八十八カ所巡りのように発展させたいと思っています。

◇子どものため、まず大人が知ろう

【後藤宮司】私たちには神話について具体的に「これが正しい」とか細かなことを説明するのは不可能です。しかし、日本には神話があり、神武天皇にまつわる建国神話が日向の地で生まれたことは間違いないのです。
どんな時代にも揺るぎない心のよりどころとなる神話は誇りうる文化です。この美しい神話をしっかり残して、私たちが住む県北は、揺るぎないものがある場所として自信を持ち、国に貢献したい。
心の中の一番大切なものを、地元の子どもたちが学ぶ。その前には大人たちが知っておくことが大切です。それが連綿と続くことで、神話を通じてこの県北が豊かになっていく。この冊子はその出発点になるのではないでしょうか。

【有留会長】仏教の八十八カ所巡りは、人として悟りを極めるための旅ですが、神社巡りは、どこまで行っても自分を清めるための旅。神様の前に立つことで自分が清まっていくものです。私自身、33社を巡ることで、清め清まる旅ができると楽しみにしています。


その他の記事/過去の記事
page-top