【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

親子でシイタケ収穫

本紙掲載日:2022-01-20
8面
シイタケの収穫作業を体験する参加者
閉講に合わせ、スクールで育てたヒノヒカリも贈られた

あぐりスクール、閉講式も−JA延岡

 JA延岡(楠田富雄組合長)が主催する2021年度あぐりスクールがこのほど、最終日を迎え、市内から12家族28人が参加、シイタケの収穫を楽しんだほか、閉講式も行われた。

 この日はまず、シイタケの収穫。参加者は延岡市野田のJA延岡にししな愛彩館からバスに乗り込み、体験会場として用意された行縢町の瀧本喜義さん(60)所有のほだ場に向かった。

 瀧本さんはクヌギのホダ木約5千本でシイタケを栽培しており、駒打ち作業から収穫まで、おいしいシイタケを作るために重ねている努力などについて説明した。

 参加者は、おいしいシイタケの見分け方や、上手な収穫の仕方を教えてもらった後、ほだ木がずらりと並んだほだ場で作業。家族で仲良く相談しながら、大きいシイタケを見つけては丁寧に収穫していた。

 終了後には閉講式があり、JA延岡の日睛再鷄椎牲从冑長が参加者一人一人に修了証を授与。また、解散場所の愛彩館では、スクールで育てたヒノヒカリの新米15キロが贈られ、参加親子を喜ばせた。

 あぐりスクールは、親子で農業体験をしながら食と農の大切さを学ぶ人気の取り組み。昨年度に続き、今年度も新型コロナウイルスの影響で、予定していた7回のうち3回は中止を余儀なくされ、全4回で行われた。

その他の記事/過去の記事
page-top