【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

交通安全、啓発動画を制作

本紙掲載日:2022-06-17
2面
スタジオで啓発動画の撮影に臨む延岡市交通少年団の団員ら

ルールの大切さ伝えたい−延岡市交通少年団

 延岡市交通少年団(佐川千和団長、22人)は、より幅広い人たちに分かりやすくメッセージを届けようと、交通安全の啓発動画を制作した。12日には延岡駅西口街区ビルの「waiwaiPLAYLAB(ワイワイ・プレイラボ)」で撮影に臨んだ。

 動画は、_C琶眛擦亙盥埃塒ダ茘⊆転車用ヘルメットの着用めひかりひむか運転の呼び掛けや紹介をまとめた3種類で、それぞれ30秒程度。この日は同ラボが全面的に協力して専用スタジオを提供し、スタッフが機材を操作して、コンピューターグラフィックを合成した動画を撮影した。

 撮影した動画のうち、横断歩道については、歩行者も大きく首を振って左右の安全を確認し、手を挙げてドライバーに横断する意思を伝えるようアドバイス。「お互いに思いやり、安全に渡れる横断歩道を目指しましょう」と呼び掛けた。

 また、自転車用ヘルメットは着用しなければ死亡する危険度が3倍高まり、実際に死亡した人の半数以上が着用していなかったとして、「自転車とヘルメットはセット」と強調。めひかりひむか運転は体調が悪い時や雨天時の運転、長時間運転を控えるなど、お年寄りが自らルールを決める、いわゆる「制限運転」で、団員たちは同運転の実践で事故防止に努めてもらえるよう訴えた。

 そろいの制服姿で撮影に臨んだ団員らは、カメラの前に立つとやや緊張した面持ちになりながらも、何度か練習を繰り返すと、本番では一人ひとりハキハキと自分のメッセージを表現。佐川団長(延岡小6年)は、「交通ルールを守る大切さが伝わる動画にしたい。完成したらみんなに見てほしい」と話した。

 完成した動画は延岡市がホームページの交通安全啓発欄で公開するほか、県警もSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などでの活用を予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top