【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2021年度販売総額26億円−前年度上回る

本紙掲載日:2022-06-20
3面
東臼杵郡市畜連の第71回通常総会(16日、延岡市櫛津町)

東臼杵郡市畜連が総会−コロナで平均は単価下落

 東臼杵郡市畜産農業協同組合連合会(楠田富雄会長)の第71回通常総会は16日、延岡市櫛津町の同会館で開かれ、2021年度の子牛と成牛合わせた販売総額は26億3876万円で、前年度の25億8843万円を上回ったことなどが報告された。

 販売頭数は、子牛が3575頭で、目標の3562頭に対して100・4%の達成率だった。しかし、長引くコロナ禍の影響を受け、平均単価は66万5485円で、想定した67万7805円より1万2320円下落。このため、金額では23億7911万円と目標の24億1434万円を下回った。

 成牛は581頭で、金額は2億5965万円。頭数、販売とも目標を上回った。

 あいさつに立った楠田会長は、県内のほかの市場でも前年比で軒並み平均単価が下落していることに触れ、「農水省の緊急対策事業で6月から助成金制度が始まりますが、畜連、JAとしては購買者の誘致に力を入れる必要があります。それでも、われわれだけの努力では限界があり、やはり国の力、県の力を要請することも不可欠。これからも皆さんの知恵を結集して、持続可能な畜産経営を目指さなくてはなりません」と強く訴えた。

 議事では、2021年度の事業報告と決算案、22年度の計画と予算案を審議し、原案通り承認された。22年度の取り扱い目標頭数は子牛3550頭、成牛540頭で、金額は合計22億5556万円とした。

 22年度の事業は、長引くコロナ禍と不安定な世界情勢の下、食肉の需給バランスの乱れに加え、価格格差の広がりを考慮して計画した。また、生産農家の減少に加えて資材や飼料、燃料の高騰など厳しい状況にあることを踏まえ、々睥霾豕蹐旅洪靴硲贈漫糞軼狙性リンパ腫)清浄化をさらに前進させるためJAや行政・関係機関と生産者が一体的に取り組む販路拡張と購買者誘致による市場活性化と販売力の強化で、農家の経営安定と市場の経営基盤確立に努めること――などの基本方針を確認した。

◆代表理事に藤本氏

 任期満了に伴う役員改選があり、理事6人全員の留任が承認されたほか、代表理事が楠田会長(JA延岡組合長)から藤本隆康会長(JA日向組合長)に交代。また、中田和明JA日向理事が新たに監事に就任した。

その他の記事/過去の記事
page-top