【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

防災用品などについて学ぶ

本紙掲載日:2022-08-02
6面
講話を聞くこすもす保育園の職員たち

尾さん(旭ケミカル)らが講話−こすもす保育園

 延岡市大門町の認定こども園こすもす保育園(小川靖子園長、89人)はこのほど、職員向けの防災講話を行った。防災用品の販売などを手掛ける同市平原町の旭ケミカルから内田麻紀子代表、環境事業部事業系担当の尾徳一さんを講師に迎え、避難場所や経路を再確認、防災用品について学んだ。

 まず、南海トラフ巨大地震で被害が想定される高知県土佐市の保育園での避難訓練の動画を鑑賞。緊急地震速報が流れると、遊んでいた園児が頭を守るようにその場でしゃがみ込んで身の安全を確保する様子や、津波に備えて高台へ避難し、1歳児以下はリヤカーに乗り職員と一緒に逃げ、わずか6分で全員が到着した様子などを視聴した。

 尾さんは「小さい子ほど走ったりできないので大変」と話し、地域の避難所や経路を改めて確認するように伝えた。

 また、避難後に重要なこととして食事を挙げ、防災食を中心に防災用品を紹介。熱中症対策のために水に溶かすだけで経口補水液が作れるタブレットや、炭水化物過多を防ぐための食物繊維ゼリー、自衛隊が日頃活用している片手で食べられるご飯などを展示している「防災食品展」、避難所での感染症対策を考えたオゾン発生器やソーラーパネルが付いたLED(発光ダイオード)ライトなどさまざまな用品があることを説明した。

 同園では事前に防災食品を試食し、「全体的に昔に比べると薄味になっている」と味の濃さについての意見が多く、これについて尾さんは「味付けが濃いのは、あえて水分を摂取させるため」と話し、水を我慢すると体に良くないと伝えた。

 最後に内田代表は「安心安全に避難できるような商品の開発に取り組んでいく」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top