【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

弟たちが忘れ物を取りに

本紙掲載日:2022-08-03
9面

富島「甲子園1勝!!」3rdcyallenge(上)

◆“顧客満足度”の高い野球部

 58年間、夏の連続出場がなく群雄割拠が続く宮崎の高校野球。富島は18年春の初出場以降、過去5年で3回目の甲子園出場となり、文句なく宮崎をリードする学校になった。3年ぶりの夏、〃弟たち〃が、念願の甲子園での「勝利」を目指す。

 古くから、野球、ソフトボールが盛んな日向地区。能力の高い中学生が多く、地理的にも他地域に進みやすいため、県内外の高校で活躍する選手を多く輩出してきた。

 流れが変わったのが13年。富島に霤津亟篤弔斑羸鄒脅コーチのコンビが誕生した。

 「心」を重視し、高校野球の本道を説く霤調篤弔函∈膿靴陵論をどん欲に取り入れ進化を続ける中川コーチ。勝って、負けて。ここ3年はコロナ禍に苦しんだが、「子どもたちのために」。その本質はぶれなかった。

 高校の部活の〃顧客満足度〃を計る一つの指標が、その選手の弟、妹が入ってきてくれるかにある。富島の野球部は、その確率が極めて高い。

 この夏、輝いた選手の中にも弟がいた。

 主戦日發裡矯仂紊侶察⇔焚討気鵑蓮九州大会初出場を果たしたときの遊撃手。その一つ下の冬暉さんも遊撃手で主将を務めた。

 ユーティリティープレーヤー、安藤の五つ上の兄・輝さんは、日眦炸さんの同期で投手。三つ上の陸さんは内野手として、18年春と19年夏の甲子園に出場した。

 主将の高橋の2歳上の兄、信人さんは2年前の主将で、外野手として19年夏の甲子園ではベンチ入り。なお、今年の宮崎大会で弟の信太朗が1年生で唯一、ベンチ入りしていた。

 遊撃手の黒木天の三つの上の兄、将胤さんは、19年夏のエース。3年生山美和さんのように選手だった兄に続いて入部するマネジャーも多い。

 3年生の弟たちは高校進学時、別の学校もよぎったというが、「ずっと見てきたチームで、親や兄と話をして、『やっぱり富島』となった」。富島に行かない理由がなかったと明かす。

 過去2回の甲子園、18年春は星稜(石川)、19年夏は敦賀気比(福井)。いずれも後に複数がプロ入りするチームを相手に初戦敗退を喫した。
兄たちの忘れ物「甲子園1勝」。その姿を見て、勝つ方策を学んできた弟たちが、取りに行く。

 第104回全国高校野球選手権は6日、阪神甲子園球場で開幕する。宮崎代表は富島が3年ぶり2回目の出場。春を含めると3度目と、日向市から常連校になりつつある富島の横顔を3回に分けて紹介する。

その他の記事/過去の記事
page-top