【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
県企業局、日之影町に譲与−小水力発電
本紙掲載日:2017-03-10
3面

県企業局の図師局長(右)から発電設備の目録を受け取る佐藤町長
県企業局から譲与された下小原発電所の発電設備(写真提供・日之影町建設課)

下小原での実証試験−終了後も地域活性化に

 県企業局は9日、農業用水を利用した小水力発電施設として日之影町分城の下小原(しもこばる)集落に整備、実証試験を行ってきた「下小原発電所」の発電設備を、町に譲与した。今後、町は地元の用水組合と運転を続け、売電収入を施設の維持管理や地域活性化の取り組みに役立てる考えだ。

 下小原発電所は、小水力発電の普及と技術的支援を目的とした「市町村連携マイクロ水力発電実証試験事業」の第1号として、企業局と町が共同で整備した施設。地元の農業用水を活用しており、落差30メートル、毎秒40リットルで流下する水の勢いで水車を回し、最大出力5キロワットの発電能力を持つ。

 企業局によると、平成26年2月に運転を開始。その後、3年にわたり、発電量や電力会社への売電状況などデータの収集を行ってきた。当初は年間の発電電力量を2万6千キロワット、売電収入を80〜90万円と見込んでいたが、27年度と今年度はいずれもそれを上回る実績が得られたという。

 譲与されたのは、企業局が整備した水車や発電機などの設備一式。この日は、実証試験の終了に伴う譲与式が町役場であり、企業局の図師雄一局長が「大きなトラブルもなく、順調に実証試験を行うことができた。3年間で得られたデータやノウハウを県内の各市町村などで進められる小水力発電計画の技術支援に役立てていきたい」とあいさつし、佐藤貢町長と譲与契約書を取り交わした。

 設備の目録を受け取った佐藤町長は「(実証試験で)予想以上の成果が得られた。今後、下小原集落と協定を結び、発電所を有効に活用していきたい。小水力発電の売電収入を地域活性化につなげられるような取り組みを進めたい」と話した。

 企業局は、西米良村でも同様の実証試験を行っている。