【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
県警春の異動−新署長・時任(延岡)、四倉(日向)氏
本紙掲載日:2017-03-10
1面

サイバー犯罪対策、警備外事課を新設

 県警は9日、春の組織改編と第1次異動を発表した。情報通信技術を悪用した犯罪に対応するためのサイバー犯罪対策課や、テロなどに対処する外事課を新設。高齢運転者や特殊詐欺対策の人員を増やして体制を強化する。延岡署長に警務部参事官兼会計課長の時任和博氏(54)、日向署長に教養課長の四倉敏夫氏(58)が就く。発令は21日付。

 組織改編は大量退職・大量採用期の現場執行力の維持と、喫緊の治安課題への的確な対応が基本方針。インターネットなどのサイバー空間の脅威に対応するため、生活安全課内のサイバー犯罪対策室をサイバー犯罪対策課に昇格し、15人を配置。テロなどに対処する警備第一課内の外事・国際テロリズム対策室を外事課に昇格し、16人を置く。

 男女間のもつれや行方不明者など人身安全関連事案に対応する人身安全対策課を設置。裁判員裁判対象事件の取り調べの録音録画を義務付ける改正刑事訴訟法の公布を受けて、刑事企画課内に捜査支援室を設置する。

 運転免許課は2人を増員し、高齢運転者が一定の違反をした場合に臨時の認知機能検査をする制度を盛り込んだ改正道交法の施行に対応する。捜査第二課は1人増員し特殊詐欺被害対策を強化する。

 第1次異動の対象者は警部(昇任予定含む)以上の警察官ら236人。内訳は警視正9人、警視88人、警部134人、事務職員5人。

 警視正は刑事部長に生活安全部長の鬼塚博美氏(58)、生活安全部長に日向署長の戸眄唇貉瓠複毅検法交通部長に警務部参事官兼首席監察官の廣澤康介氏(57)、警備部長に日南署長の谷口浩氏(56)、警務部参事官兼首席監察官に延岡署長の中川正純氏(55)が就任する。