【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
「人」(ひと)−延岡市北方総合支所長・甲斐克則さん
本紙掲載日:2017-05-04
2面

 北方町早上区の出身・在住。支所長としては3代ぶりの地元出身者。「地域の人から『お帰りなさい』と言われた。知っている人が(支所長に)なって身近に感じるのかな」と穏やかだ。

 延岡西高―九州大学農学部を経て、昭和58年に旧北方町役場に入庁。平成18年に町が延岡市と合併し、同21年から本庁勤務。農林畜産課林政係長や同課長を歴任し、今年4月から現職。8年ぶりに〃古巣〃に帰ってきた。

 「間が空いているので北方のことは正直詳しくは分からない。これから北方の隅々を見て回って現状を把握したい」と足を使って改めてふるさとを学んでいく覚悟。

 就任後、町内各地区の年齢別の人口割合を示した資料に目を通した。全26地区のうち13地区で65歳以上が半数超えと知ったが、悲観的にはなっていない。

 「数字だけでみると高齢化が進んでいるが、まだまだ現役で活躍されている方が多い。そういった意味では心強く、まちは元気だと感じている」

 もちろん、この現状を放っておくつもりはない。地域おこし協力隊を今年導入する予定だ。「住民が気付かない視点で北方の魅力を再発見してもらいたい。それが活性化につながれば」と期待している。

 〃縁の下の力持ち〃が自身の役割と認識する。「支所の職員がしっかりと仕事ができる環境をつくりたい」。それが北方町民のためになると考えている。

 実家の早上区に妻、両親と4人暮らし。4人の娘がいるがいずれも県外在住。58歳。