【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
スポーツキャンプ−効果的な誘致活動さらに
本紙掲載日:2017-05-25
1面

日向市スポーツキャンプ等誘致推進協議会の平成29年度第1回協議会

今年度の初会合−日向市スポーツキャンプ等誘致推進協議会

 日向市スポーツキャンプ等誘致推進協議会(会長=河野豊プロ野球日向キャンプ誘致活動の会前委員長)の平成29年度第1回協議会が24日、同市上町の日向商工会議所で開かれ、今年度の事業計画などを原案通り承認したほか、効果的な誘致活動の方向性について協議した。

 スポーツキャンプや各種大会の誘致を進め、交流人口や観光消費の拡大による地域活性化を目的に、同市の呼び掛けで27年度に発足。委員は、プロ野球キャンプ誘致活動に取り組む市民団体やスポーツ団体、商工団体、観光や飲食業、ホテル・旅館業の団体の代表ら合わせて15人で構成。

 事務局の市商工観光部観光交流課スポーツタウン推進室によると、今年1〜3月にかけては、プロ野球ソフトバンクホークスの内川聖一選手率いる「チーム内川」の自主トレをトップに、東北楽天ゴールデンイーグルス2軍や大学、社会人の硬式野球部の6チーム約300人が春季キャンプとして来市。このうち、チーム内川やパナソニック硬式野球部は市内の球児約300人を対象にした野球教室を開いて交流を深めたという。

 来年も各チームの春季キャンプの継続実施や、サッカーやラグビーなどプロ・アマの各種スポーツキャンプの誘致を目指すため、県や各市町村、関係団体との連携・情報交換を行いながら、官民挙げた誘致活動を実施することを確認。市民のスポーツキャンプの誘致に対する機運を盛り上げるため、スポーツイベントやスポーツ教室などを積極的に開催するとともに、関係事業者が一体となった受け入れ態勢の構築と市独自のおもてなしを図っていくことを申し合わせた。

 また、世界ジュニアサーフィン選手権が9月に開催されることから、市のスポーツ環境やサーフィン環境の素晴らしさを発信するほか、2020年東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプの招致やホストタウンの登録を目指す方針。委員から「協議会のメンバーにサーフィン関係者も入ってもらうべき」という意見があり、市サーフィン連盟に打診することになった。