【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
浦城小児童が調理体験−水軍鍋
本紙掲載日:2017-06-15
8面

出来上がった鍋を開け「おいしそう」と歓声を上げる児童

地元の伝統料理を後世に−延岡


 延岡市浦城小学校(中村賢二校長、9人)で13日、「浦城水軍鍋」の調理体験があった。

 同校によると水軍鍋は、かつて浦城町を拠点とした松田水軍にまつわる料理。海で捕れた旬の魚介類をふんだんに使い、祭りの時に振る舞われていたという。

 児童が「総合的な学習の時間」を利用して浦城町の歴史を調べたところ、水軍鍋という料理が存在したことを知り、後世に伝えようと行った。

 市食生活改善推進委員の河野裕子さん(65)=稲葉崎町=と北林友子さん(67)=大武町=も参加し、児童が調べたレシピから塩分を少なくするなど健康に配慮した料理にアレンジした。

 使用した食材は、同校の森年樹教諭が保護者と漁に出て捕ってきたマダイなどの魚介類や白菜、ニンジン、シイタケなどの野菜。子どもたちが食材を食べやすい大きさに切り分け、魚は手際よく〃三枚下ろし〃にした。

 かつお節と昆布でだしを取った鍋に野菜を入れ、ニンジンが柔らかくなった頃合いを見て魚介類を加えた。出来上がり、ふたを開けた児童は「いい匂い」「おいしそう」などと歓声を上げた。

 岩切陽海君(5年)は「水軍鍋がなくなっていることを知り、忘れてはいけない料理だと思った。きょう作ることができて本当にうれしい」と話した。