【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
企画展「牧水の青」開催中
本紙掲載日:2017-06-16
10面

若山牧水記念文学館で開かれている企画展「牧水の青」

若山牧水記念文学館−日向市東郷町

◆「青」詠んだ短歌中心に展示

 日向市東郷町の若山牧水記念文学館(伊藤一彦館長)は企画展「牧水の青〜文学における色彩表現あるいは日本人の色概念〜」を開催中。さまざまな色が登場する牧水の短歌のうち、一番多い「青」を詠んだ短歌を中心に展示している。8月27日まで(毎週月曜日は休館)。

 牧水が詠んだ短歌約9千首を同館が調べたところ、約750首で「青」が詠まれており、登場する色の約30%を占めたという。会場には「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」などの代表作を含め、「青」「あを」「蒼」「藍」「紺」などの表記別に約50首を一堂に展示している。

 また、「青の雅歌(みやびうた)」コーナーには、万葉集などの古典や明治、大正に活躍した歌人、若山牧水賞のすべての受賞者の「青」に関する作品をはじめ、題詠が「青」だった「第1回青の国若山牧水短歌大会」の入賞作品が並ぶ。いにしえから続くみやびの世界で「青」がどのように表現されてきたか、その魅力に迫る内容となっている。

 同館の担当者は「恋の歌、人生の歌、そして自然の歌それぞれに詠み込まれている『青』。年齢とともに変化していく牧水の豊かな色彩感覚と描写表現を、多くの皆さんに楽しんでいただきたい」と話し、期間中の来場を呼び掛けている。

 開館時間は午前9時から午後5時まで。入館料は高校生以上300円、小・中学生100円。

 問い合わせは、同館(電話日向68・9511)へ。