【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
高齢者施設が合同研修会
本紙掲載日:2017-10-19
1面

高齢者向け施設合同研修会

県主催−法改正のポイントを説明

 県主催の「平成29年度高齢者向け施設合同研修会」が10月13日、延岡総合文化センターであった。西都市以北の有料老人ホームなどから施設長や管理者らが参加して、施設運営上の留意事項や関係法の改正点などを学んだ。

 このうち、全国有料老人ホーム協会(内閣府所管)事業部副部長の松本光紀さんは、国会成立した介護保険法と老人福祉法の改正法についてポイントを説明した。

 法改正に伴い、急激に増加している通所施設や短期入所施設に参入規制が設けられ、福祉用具の貸与や住宅改修などの価格もより制限されることを紹介。

 また、施設利用者の自己負担が増し、いわゆる〃囲い込み〃への対策が強化されるなど、施設側にさらなる運営の適正化を求める流れにあると指摘した。

 生活援助サービスなどで介護人材の確保も課題となる一方、介護報酬は引き下げられる可能性があることも説明。認知症・重度者の受け入れやリハビリ機能の強化、高齢者向けの食事提供や介護予防教室など、事業の多角化で収益性を高める検討を始めるようアドバイスした。

 老人福祉法については、施設設置の未届けや利用者への虐待など悪質業者対策を主眼とした改正点を説明。県によるインターネットでの施設情報の開示と、事業停止命令制度の新設、前払金保全措置の強化などが盛り込まれると紹介した。

 この後も各専門家による、高齢者虐待を防止するための対策や、従業員の待遇改善に向けた育児・介護休業法や各種助成金などの説明があり、参加者は真剣に耳を傾けた。