【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
高橋氏から内藤氏まで
本紙掲載日:2017-11-03
1面

高橋元種公顕彰会の会員ら約30人が出席した第6回歴代延岡城主の碑祭

歴代城主を顕彰−延岡市城山で碑祭

 高橋元種公顕彰会(九鬼勉会長)が主催する第6回歴代延岡城主の碑祭が11月2日、延岡市の城山公園の同碑前で開かれ、会員ら約30人が出席して花や酒、歌を献じ、延岡のまちづくりの礎を築いた歴代城主を顕彰した。

 九鬼会長は「私たちが今日あるのも碑に名前が刻まれる城主をはじめ、祖先の苦労のたまもの」と感謝した上で、「年に1度だが、郷土の歴史を愛好する者が集い、かつての延岡を振り返るとともに、今後のまちの有り様を考える機会にしたい」とあいさつ。

 豊臣秀吉の九州平定による国割りで県(延岡)地方に封じられた後、延岡城下の整備・発展に全力を尽くし、延岡興隆の基礎を築いた高橋元種公について詠んだ漢詩「延陵懐古」(吉永正春作)の朗読に続き、会員が花や酒、歌をささげ、城主の功績をたたえた。

 歴代延岡城主の碑は、同市中小企業振興センター西側にあり、1603(慶長8)年の延岡城築城から、初代・高橋氏(元種)、2代・有馬氏(直純、康純、永純)、3代・三浦氏(明敬)、4代・牧野氏(成央、貞通)、5代・内藤氏(政樹、政陽、政脩、政韻、政和、政順、政義、政挙)に加え、それぞれの家紋と在城期間、石高などが記されている。

 碑は、延岡城築城400年を記念して平成15年に建立され、同会は例年、建てられた10月に碑祭を開いていたが、台風接近の影響で延期していた。