【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
囲碁愛好家、全国から集う
本紙掲載日:2017-11-03
8面

2日間にわたって熱戦が繰り広げられた囲碁大会

はまぐり碁石まつり−日向

 第29回日向はまぐり碁石まつりが10月28、29日、日向市文化交流センターを主会場に行われた。同市が全国唯一生産している「はまぐり碁石」と「日向榧(かや)碁盤」を使った囲碁大会やプロ棋士による無料指導碁、交流会などが催され、全国から集った囲碁愛好家でにぎわった。

 はまぐり碁石の生産地である同市を全国に情報発信することで伝統工芸である碁石製造技術の伝承育成、特産品としての販売促進、囲碁文化の普及と発展を図ろうと毎年開催している。

 大会には県内をはじめ、遠くは千葉県や東京都など各地から選手が参加。段級ごとの12クラスに分かれる個人戦に309人、1チーム3人編成の団体戦には54チームが出場した。

 全対局に、はまぐり碁石と日向榧碁盤が使用されるのも大会の魅力。会場内にずらりと並んだ碁盤上で白熱した頭脳戦が繰り広げられた。

 最上位クラスの選手権戦の部は、昨年に続き東京都の井場悠史さん(27)=七段=が優勝。団体戦は井場さん率いる「最近2歳になりました。」チームが頂点に立ち、はまぐり碁石や日向榧碁盤などの賞品を手にした。

 最高齢出場者として特別賞を受賞した延岡市稲葉崎町の富野武志さん(90)は囲碁歴65年以上。対局を終え「対戦相手の運も良くて1勝1敗。楽しめました」とにこやかだった。

 囲碁大会のほか、日向市出身の有村比呂司八段ら3人のプロ棋士との交流会や抽選会、はまぐり碁石と日向榧碁盤、日向市特産品などの展示即売会もあった。