【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
悲恋の物語を再現
本紙掲載日:2017-11-11
1面

大八郎の待つ陣屋敷へ向かう鶴富姫

11月12日まで椎葉平家まつり

 平家の末裔(まつえい)鶴富姫と源氏の武将・那須大八郎の悲恋の物語を現代に再現する「椎葉平家まつり」(主催は同実行委員会、夕刊デイリー新聞社など後援)が11月10日夜から、村役場横の中央ステージを主会場に始まった。初日の「法楽祭」では鶴富姫を慰霊し、まつり期間中の安全を祈願した。

 午後6時、鎧(よろい)を身にまとった源氏の武者が鶴富屋敷へと迎えにあがり、十二単(ひとえ)をまとった鶴富姫役の尾前愛美さん(22)=宮崎市=がおでまし。

 迎えのこしに乗った鶴富姫は、たいまつを手にした武者の先導で陣屋敷(中央ステージ)へ。那須大八郎役の右田和磨さん(29)=椎葉村小崎=と逢瀬を果たすと観客は大きな拍手で迎えた。

 その後、大八郎が勧請したとされる厳島神社による神事が営まれ、観光しいばの出口真樹さん(23)=宮崎市=が献茶。琵琶奏者川嶋信子さんの演奏と上椎葉神楽保存会による太刀の舞「かいしん」が奉納された。

 11日と12日は午後1時からメーンの「大和絵巻武者行列」があり、約300人の行列が豪華絢爛(けんらん)な衣装で上椎葉街道をパレードする。会場では、郷土芸能披露やご当地グルメ展、特別ゲスト鳥羽一郎さんのコンサート(12日、午前10時40分)などもある。