【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
桜マーケットにぎわう
本紙掲載日:2017-12-13
8面

1年1組は卒業生の西園寺さんとランチプレートを販売した
会場は終始多くの来場者でにぎわった

延岡商業高の販売実習

◆来場約3千人「大きな手応え」

 延岡商業高校(花盛和也校長、579人)の販売実習「桜マーケット」が12月10日にあり、全校生徒が実際の販売活動を通して「おもてなしの心」「実践する力」を育てた。昨年度まで文化祭「桜華祭」のプログラムの一部として、地元商店街で販売実習を行ってきたが、今年度は文化祭から切り離し、校内で実施した。

 「お客様にハピネス(ワクワク、ドキドキ)を届けよう」をテーマに、生徒たちはクラスごとにラーメン、空揚げ、地鶏の炭火焼き、ソフトクリーム、果物、花、日用品など多彩な販売店で来場者を出迎えた。

 このうち1年生は、飲食店などを経営する同校卒業生の協力を得て出店した。

 フランス料理店ChezOnji(シェ・オンジ)=本町=のオーナーシェフ西園寺貴之さんと組んだ1組は、吉玉畜産=柚木町=の豚肉を使ったパテ、宮崎県産野菜のマリネなどを組み合わせた1日限定のランチプレートを販売した。

 盛り付けを担当した酒井優花さんは「お客さんに喜んでもらえてうれしい」と笑顔。西園寺さんの技術に感銘を受けた様子で「新鮮な体験をさせてもらえて感謝している」と話した。

 2、3年生は商品の考案から仕入れ、決算報告まで全て自分たちで行い、学習の成果を存分に発揮していた。県内の短期大学や専門学校と連携したワークショップでは、イラストレーターや保育士、美容師などを目指す中学生を対象に、体験講義を行った。また、フルーツ魚として知られるブランド「五ケ瀬ぶどうカンパチ桜舞〜AUBE〜」の刺し身や、ぜんざいの振る舞いもあり、来場者を喜ばせていた。

 およそ半日の実習は、終始多くの来場者でにぎわい、例年を大幅に超える約3千人の来場を記録。実行委員長を務めた3年生の田中拓真君は「大きな手応えを感じた。初めての行事で、高齢者への配慮など反省点がいくつかあったので、後輩にしっかり引き継ぎたい」と話した。