【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

東京五輪の食材採用へ−「ひなたGAP」を奨励

本紙掲載日:2018-01-23
1面
GAPをテーマに開かれた「のべおか夜なべ塾」

農業者ら参加−認証制度学ぶセミナー

 農産物の生産・出荷の工程に関する認証制度「GAP」について学ぶセミナーがこのほど、延岡市役所内で開かれた。食の安全、安心に対する消費者の意識が高まる中、国際的な活動をするには同認証の取得が条件となるため、県などが取得を促進している。市内の農業者や関係者計40人が参加した。

 GAPは「GoodAgriculturalPractice」(良い農業の実践)の略。経験や勘に頼るのではなく、記録やチェックをして安全な農産物の生産、農作業事故防止、環境保全を目指すもの。取り組むレベルによって、輸出に対応するグローバルGAPやアジアGAP、日本版のJGAPなどがある。

 東京五輪の選手村などで使われる食材には、都道府県が制定したGAPの取得が最低条件となることから、宮崎県は昨年11月に「ひなたGAP」を制定した。チェック項目はグローバル版が214項目、日本版は120項目でともに高額の審査料がかかるのに対して、県版は63項目で審査料は平成30年度まで無料となっている。

 同セミナーでは東臼杵北部農業改良普及センターの本部篤史主査が講師を務め「国内の流通にはまだGAPの取得は求められていないが、これを機に意識してほしい。農作業中の事故防止や作業の効率化にもつながるので、まずはひなたGAP取得を目指して」と勧めた。

 同セミナーは、地域の農産物を生かした地域活性化の担い手となる人材を養成することを目的に同市が平成28年度から始めた「のべおか夜なべ塾」の今年度の1回目として開かれた。同塾は3月までに計4回予定されており、2回目以降のテーマは「地域を守る農業経営」「直売所で求められる(売れる)農産物」「有機農業」。各回とも終了後に「ひなたGAP」取得に関する相談会が開かれる予定。

その他の記事/過去の記事
page-top