【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2018日向市予算から(1)

本紙掲載日:2018-04-23
1面
パワースポットとして知られる大御神社。市は観光客用公衆トイレの年度内完成を目指す

観光振興

◆大御神社拠点に門前町−日向岬ゾーンの玄関口にも

 「日向のお伊勢さま」として知られる大御神社(日向市伊勢ケ浜)は、国内最大級の「さざれ石」や「龍玉」、境内にある鵜戸神社の「昇り龍のシルエット」などでパワースポットとして人気を博し、年間約20万人の参拝客が訪れる。

 日向市は同神社周辺の門前町整備計画をはじめ、伊勢ケ浜地域を馬ケ背や願いが叶(かな)うクルスの海などの景勝地がある「日向岬ゾーン」の玄関口と位置付け、同地域と周辺の名所への周遊性の向上を視野に入れた観光拠点づくり構想を進めている。

 同地域の人たち、大御神社の関係者、地元の民宿や飲食店、歴史や観光の関係団体、市職員らで「市観光誘客交流施設基本構想検討委員会」を組織し、伊勢ケ浜門前町基本構想「ひむかスピリチュアル拠点〜観光客と地域住民が年中楽しめる大御神社の門前町〜」を平成27年3月に策定。将来の姿を実現するための実施計画を定め、短期計画(3年以内)として観光案内所と物産販売所の開設や、休止状態だった「門前いち」の再開などを実施してきた。

 市では今年度、観光拠点施設整備事業費として3600万円を計上。中期計画(5年以内)で掲げていた公衆トイレの整備に取り組む。周辺は境内と伊勢ケ浜海水浴場の公衆トイレがあるが、観光バスなど大勢の観光客には即応できず不便を来たしていた。特に公衆トイレは老朽化が進み、雨天時は足場が悪く利便性も悪いことから敬遠されてきたという。

 設置場所は神社に近い伊勢ケ浜の松林(国有地)を借用。国の補助事業を活用予定で、交付決定後に詳細設計を発注し、秋ごろの着工、年度内の完成を目指す。男女別トイレと多目的トイレで大便器は洋式を主に計8基を予定。完成記念イベントとして現在休止中の「門前いち」を再復活させる考えもある。

 大御神社総代会会長で、策定委員会メンバーの青木昭さん(81)=同市浜町=は「ここ最近は観光バスが増えてきたが、満足にトイレもなく心苦しかった。将来的にはバスから降りてトイレを済ませた後、土産物を買ったり食事のできる店が並ぶ門前まちが理想。実現できるものから一つ一つ取り組みたい」と喜ぶ。市商工観光部観光交流課の長山尚弘課長は「高速道路が開通し、日向岬一帯の観光客は間違いなく増えている。トイレが整備されていれば観光にも来やすいと考えている。これまでは外向けのPRばかりしてきたが、今後は観光消費に力を入れ、お金を使ってもらう仕組みづくりを考え、日向市の観光を盛り上げたい」と話した。

          ▽         ▽

 日向市の平成30年度一般会計補正予算は295億6000万円。第2次市総合計画の重点戦略および「元気な〃日向市〃未来創造戦略」に掲げる各施策を推進していく。主な事業を5回に分けて紹介する。

その他の記事/過去の記事
page-top