【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「効果大きく副作用は小さく」

本紙掲載日:2018-05-22
2面
講演する上園さん

国立がん研究センター・上園さん(延岡市出身)が講演

 第2回地域包括ケアセミナーがこのほど、延岡市東浜砂町の延岡総合文化センターであり、同市出身で国立がん研究センターがん患者病態生理研究分野分野長などを務める上園保仁さんらが講演した。在宅ケアやがん治療に関心のある市民や医療関係者など約200人が参加した。延岡市出北の竹尾訪問歯科診療所(竹尾保孝院長)主催。

◆地域包括ケアセミナー・竹尾訪問歯科診療所−延岡

 まず、同診療所歯科医師の和田裕子さんが「健康寿命をのばすため〜口から食べるを支援する〜」と題して話をした。

 和田さんは、訪問先のお年寄りのエピソードを交えながら、自分の口で食べることの大切さを強調。また加齢による心身の虚弱化(フレイル)に「早い段階で気付いて手を打てば、健康な状態に戻ることができる。体重減少や主観的な疲労感、日常生活活動の減少、歩行速度の低下、栄養バランスの崩れなど、三つぐらい当てはまったら、悪いサイクルに陥る前に注意してください」と呼び掛けた。

 続いて上園さんが登壇した。上園さんは延岡西高から産業医科大へ進学。宮崎大、長崎大などで勤務した後、平成21年から国立がん研究センターで研究を続けている。

 がん治療に有効な漢方薬を研究しており、その足跡はテレビのドキュメンタリー番組で紹介されたほか、著書「長生きするがん治療」も注目を浴びている。

 この日は「病気に負けない生き方」と題して講演。生い立ちから現在の職責に至るまでの足跡を振り返ったほか、現在の研究テーマについて話した。

 「ゲノム医療」については「一人一人の遺伝子を調べて、その人にぴったりのがん治療を探す医療。がんのゲノムを調べることで、効果が大きくて副作用が小さい抗がん剤や手術方法といった、患者に合わせた治療が始まっている」と紹介。

 専門分野の漢方薬と、がん治療についても触れ、がん患者が、かかりがちな口内炎を治療する漢方薬を例に説明。正常な口内の神経に影響を与えず、痛い部分にだけ効く薬を開発して動物実験まで成功させ、「数年後の製品化を目指して製薬会社と共同で研究を進めています」などと話した。

その他の記事/過去の記事
page-top