【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

イオンで証明書

本紙掲載日:2018-07-18
1面
開始式でテープカットする関係者
マルチコピー機を操作し、住民票の写しを取得する読谷山市長

交付サービス開始−延岡市

◆ただしマイナンバーカード使用のみ

 マイナンバーカード(個人番号カード)を使い、市役所以外で住民票の写しなど各種証明書を取得できる延岡市コンビニ交付サービスが、全国のイオンで使えるようになった。17日、イオン延岡店で関係者約20人が出席し、開始式が行われた。イオンで同サービスを利用できるのは県内自治体で初めて。

 市民課によると、サービスは、店舗のマルチコピー機で「行政サービス」を選択し、所定の場所にマイナンバーカードを置いて暗唱番号を入力後、タッチパネルの案内に従って希望する証明書を選び、コピー機に手数料を入金すると印刷された証明書を受け取ることができる仕組み。

 取得できるのは、延岡市の住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍全部(個人)事項証明書、戸籍の付票の写し、所得課税証明書、所得証明書、課税証明書。市は昨年11月から、全国のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでサービスを開始している。

 市役所に行かなくても各種証明書が取得できることがサービスの利点だが、多くの買い物客が集うイオンで利用できるようになることで、さらなる利便性の向上とそれに伴うマイナンバーカードの普及が期待される。市の同カード交付率は6月末現在で13・3%、全国平均(11・5%)を上回っている。

 開始式で読谷山洋司市長は「マイナンバーカードを作ることが大前提だが、証明書の取得がより便利になる。多くの市民に利用してほしい」、イオン延岡店の杉野康盛店長は「交付サービスの実現で、より身近な店、利便性が上がり市民のためになる店づくりになると思っている」とあいさつした。

 関係者でテープカットを行って交付サービスの開始を祝った後、読谷山市長が説明に従ってマルチコピー機を操作し、実際に住民票の写しを取得。「操作はタッチパネルなので簡単で便利。マイナンバーカードが必要なのでこの機会につくり、皆さんに利用してほしい」と話していた。

◆イオン延岡、多々良やホームワイドなど

 新たに利用できるようになったのは、イオン九州、イオンストア九州、イオンリテール(本州、四国)などの各店舗と、延岡市内では次の通り。

【延岡市内の4店舗】
イオン延岡店(午前9時〜午後9時)▽イオン多々良店(同)▽ホームワイド出北店(午前7時〜午後9時)▽ホームワイド緑ケ丘店(午前9時〜午後8時)

その他の記事/過去の記事
page-top