【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡西高同窓会37回目の星遊会

本紙掲載日:2018-09-17
7面
約580人が参加した第37回星遊会

ますます深まる母校、愛約580人集う

 延岡西高校同窓会「第37回星遊会」は15日、延岡市紺屋町のエンシティホテル延岡で開かれ、同窓生や恩師、関係者ら約580人が出席した。

 今年は35回生が実行委員(染矢貴裕委員長)を務めた。NHK大河ドラマ「西郷どん」にあやかりメーンテーマは「母校はなくとも、母校愛はある!そいが『星遊会』でごわす」。

 染矢委員長は「閉校から11年がすぎた今でも西高への思いは変わらず、母校愛は深まるばかり。遠方の友、諸先輩や協賛をいただいた多くの皆さまの励ましと、ねぎらいのお言葉に支えられて今日を迎えられました。心から感謝します」とあいさつ。

 同窓会の野中玄雄会長も「『母校はなくとも…』は、星遊会の今後の発展を願うに時機を得た格好のテーマ。自由闊達(かったつ)な校風に育まれた西高同窓生の真骨頂を、延岡の高校生、地域の文化・福祉充実のために惜しみなく発揮しましょう」と呼び掛けた。

 読谷山洋司市長と延岡星雲高校の藤本格校長が来賓あいさつを述べ、盛会を祝った後、昨年の実行委員長・山内靖夫さんの音頭で乾杯し、和やかにテーブルを囲んだ。

 久しぶりの再会を喜び合う声が飛び交ったほか、西高にまつわる○×クイズや豪華景品が当たる抽選会で盛り上げた。また、10月と11月に開催される福岡星遊会と関東星遊会の実行委員が壇上からPRし、地元からの来場を呼び掛けた。

 エンディングでは、次回の実行委員を務める36回生の首藤晃浩さんに染矢委員長から〃永遠の鍵〃をリレー。ばんば踊りに続き、互いに肩を組んで校歌を斉唱した。

その他の記事/過去の記事
page-top