【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ものづくり通じ交流

本紙掲載日:2018-09-27
8面
親子で協力してメカカンガルー作りに挑戦
鉄板に触れないように棒を動かす「イライラ棒」ゲーム
プラズマカーを楽しむ子どもら
ラムネの早飲み競争などで盛り上がった第5回ふいご祭りのステージイベント
鉄球を穴に落とすゲーム

第5回ふいご祭り−延岡

 第5回ふいご祭りが23日、延岡市大武町の延岡鉄工団地であった。プラズマカーレースやものづくり体験、ステージイベントなど多彩な企画が用意され、子どもから大人まで楽しんだ。

 「ふいご」は火力を強めるために空気を送る道具。鉄を扱う職場では昔、11月8日に道具を休めて感謝する「ふいご祭り」を行う習慣があった。鉄工団地を身近に感じてもらい、将来の技術者育成を目的に、その名前を借りた交流イベントを企画した。

 会場内の各イベントブースには、鉄球を穴に落とすゲームや、鉄板に彫られた溝に沿って棒を動かし、鉄板に触れずにゴールを目指す「イライラ棒」など、鉄工団地ならではの企画がたくさん。子どもたちが挑戦し、成功しても失敗しても楽しんでいた。

 ものづくり体験コーナーは、モーターで動くカンガルーのおもちゃを製作。親子で協力しながら完成を目指した。ステージイベントでは、ラムネの早飲み競争やダンスの披露、ビンゴゲームなどで盛り上がった。

 ペダルが無く、ハンドル操作だけで動くプラズマカーに何度も乗って楽しんでいた長田理玖さん(東海小2年)は「久しぶりに乗れたのでうれしい。みんなを追い越していくのが楽しかった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top