【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

にじいろ音楽会2018−延岡しろやま支援学校

本紙掲載日:2018-10-09
6面

コンサートホールのような良質な音で

 特別支援学校の児童生徒たちに音楽と物語の世界を楽しんでもらう今年度最後の「にじいろ音楽会」は9月27、28日、延岡しろやま支援学校(橋本昭彦校長)で3回行われた。出演者3人と音響技術者が生み出した感動に満ちた空間を子どもたちは全身で楽しんでいた。

 9月27日は、わかあゆ(肢体不自由教育)高等部と、たいよう(知的障がい教育)中学部、28日は、わかあゆ小学部を対象に実施し、子ども計75人と先生たちが一緒に鑑賞した。

 にじいろ音楽会スタートから30年の節目で、今年度計9回の音楽会は今回がフィナーレ。企画者でピアニストの松浦真由美さん(日向市出身、東京都在住)、ジャズボーカリストでユーフォニアム奏者の香月保乃さん(綾町在住)が音楽を奏で、声優・俳優の池田知聡さんが司会と朗読を担当した。

 締めくくりは松浦さんと香月さんによる「童神(わらびがみ)」と「サムデイ」。サムデイは、英語歌詞の日本語訳を池田さんが朗読した後に演奏が始まり、誰もが平等に生きていける世界が来ることへの希望を高らかに歌い上げた。

 今年度の音楽会では会場の音楽室に音響機器を運び込み、大阪市在住の音響技術者・藤川司さんが操作した。専門スタッフが加わったことで、コンサートホールのような良質の音空間をつくり、子どもたちを優しく包み込んだ。

 松浦さんと主催者は、来年度も同じメンバーによる音楽会を延岡しろやま支援学校と日向ひまわり支援学校で開くことにしている。

その他の記事/過去の記事
page-top