【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(9)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2018-12-17
8面

【平成5年1〜6月】
◇秘密の岩屋を確認
延岡市の行縢山で、修験者が泊まり込んで修行したと伝わる秘密の岩屋が確認された(1月5日付)。大正時代まで修業が続けられたという。

◇村民総出で御木曳式
奈良・東大寺の正倉院と同じ大きさの「西の正倉院」を建設している南郷村で、造営材の到着を祝う「御木曳(おきひき)式」が村民総出で行われた(1月12日付)

◇交信テープあった
日本人女性として初のヨットによる単独無寄港世界一周を果たした今給黎教子さんとの交信を記録したテープが、日向市で見つかった(1月14日付)

◇放送大学誘致で期成会
日向市の民間団体が、放送大学ビデオ学習センター誘致を目指す期成会を結成した(1月22日付)。平成7年春の開設目指して運動を展開した。

◇リニア新車両お目見え
日向市の浮上式鉄道宮崎実験センターで新車両「MLU002N」のお披露目があった(1月22日付)。JR総研が約22億円かけて製作した。

◇森ビルが計画を白紙撤回
日向市幸脇地区の開発を計画していた森ビル観光が、計画の白紙撤回を地元に伝えた(2月9日付)。同社は県、日向市との間で観光開発基本協定に調印していた。

◇ピカソの絵購入
県は、パブロ・ピカソの絵を4億3千万円で購入すると発表した(2月20日付)。県立美術館の開館に向けた美術品収集事業の一環だった。

◇多目的クレーン入港
高さ56メートルと国内最大級の多目的クレーンが日向市細島港に入港した。白浜地区の岸壁に据え付け、コンテナなどの積み下ろしに活躍した(2月27日付)

◇一銭橋など貴重な写真見つかる
昭和初期に架けられた延岡市の「一銭橋」(現五ケ瀬橋)と「二銭橋」(現須崎橋)の完工当時の貴重な写真が見つかった(3月2日付)。新しい五ケ瀬橋の開通式で披露された。

◇間違いなくクマだ
高千穂町五ケ所から祖母山に登った大分県の男女3人が、2合目付近でクマとみられる動物を目撃。「間違いなくクマだった」と同町に連絡した(3月3日付)。その後、日向市のグループが雪上にクマとみられる足跡を発見、写真に撮っていたことが分かった(3月5日付)

◇さようなら五ケ瀬分校
高千穂高校五ケ瀬分校の最後の卒業式があり、18人が学びやを巣立った(3月9日付)。閉校式、惜別のつどいもあり、43年の歴史に幕を下ろした。

◇島野浦島に橋を
延岡市の島浦町漁協など各団体の役員46人が、離島の島野浦島に架橋を求める陳情書を延岡市議会に提出した(3月12日付)

◇五ケ瀬橋開通
延岡市の五ケ瀬川に架かる五ケ瀬橋の開通式があり、三代夫婦渡り初めなどで完成を祝った(3月15日付)。前夜祭には2万人が訪れた。

◇小児夜間急患センター完成
日向市が済生会日向病院の敷地内に建設していた日向地区小児夜間急患センターが完成した(3月18日付)。4月1日から診療を開始した。

◇安井小学校が閉校
延岡市の安井小学校が約100年の歴史に幕を閉じることになった(3月25日付)。6人の児童は4月から浦城小、港小に通った。

◇耳川大橋完成
日向市飯谷−余瀬間の耳川をまたぐ広域農道「耳川大橋」が完成した(3月27日付)。同市塩見以南の同農道が1本の線で結ばれ、農産物輸送の大動脈となった。

◇ドルフィンアイランド
イルカと直接触れ合える海洋公園「ドルフィン・アイランド・ホコジマ」が、日向市細島商業港北側にオープンした。2頭のイルカが華麗なジャンプを披露した(3月27日付)

◇水着で入社式
フェニックスリゾート・シーガイアの入社式がオーシャンドームで行われ、526人の新入社員が水着姿で参加した(4月1日付)。施設は7月に第1期工事分がオープンした。

◇旭化成柔道場完成
旭化成が、延岡市共栄町に建設していた柔道場が完成した(4月1日付)。正式な試合場が2面確保できる、民間施設としては九州最大規模だった。

◇北郷村に国道
県道延岡−西都線と門川−北郷線が国道388号に昇格。国道のなかった北郷村で祝賀会が開かれ、「R388」の人文字を描いた(4月5日付)

◇鉄道高架で総決起大会
鉄道高架事業の候補地に挙げられていた日向市で、民間主導の建設促進期成同盟会が発足、総決起大会で早期実現に気勢を上げた(4月22日付)

◇ブリ3000本
延岡市の赤水漁協に天然ブリ約3000本が水揚げされた。沿岸の大敷網に入った。季節外れの大漁に港は活気に包まれた(5月12日付)

◇憩いの場が完成
西郷村が建設していた県内初の屋内ゲートボール場と伝統芸能伝習館、交流広場が完成した(5月26日付)。御田祭の会場となる年の神神社周辺に整備された。

◇川がプールに
日向市塩見の奥野川に自然の流れを生かした長さ80メートルの河川プールが完成した(5月31日付)。プール開きでは子どもたちがニジマスのつかみ取りを楽しんだ。

◇皇太子さま、雅子さま「結婚の儀」
皇太子徳仁親王殿下と元外交官、小和田雅子さまの「結婚の儀」が、皇居・宮中三殿の賢所で厳かに行われた。お二人は平安装束で神前に愛を誓われた(6月9日付)

◇三樹氏、再選
日向市長選挙が行われ、現職の三樹博氏が再選を果たした(6月21日付)。返り咲きを狙った元職に2620票差をつけた。

◇感動奏でる
夕刊デイリー新聞社の創刊30周年を記念した「にじいろ音楽会」が門川町であり、演奏者と観衆が一体となった感動のステージを繰り広げた(6月28日付)
(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)

その他の記事/過去の記事
page-top