【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

千人殺し風の護岸に−国交省

本紙掲載日:2018-12-26
1面
城山の石垣風に施工されている板田橋―五ケ瀬橋間の五ケ瀬川右岸堤防補修工事

畳堤に配慮し補修−板田橋〜五ケ瀬橋の堤防

 歴史的な治水施設「畳堤」に配慮した「船倉地区護岸補修工事」が11月から、延岡市の五ケ瀬川右岸で始まった。板田橋―五ケ瀬橋間の堤防天端を3メートルに拡幅して、畳堤を川側に移設。護岸の石積みは、日向市平岩の山中から切り出した自然石で城山の「千人殺し」の石垣をイメージ、〃忍び返し〃風の護岸に仕上げる計画だ。

 畳堤は、河川が増水して浸水が予測されると畳を差し込んで越水を防いだとされる歴史的な治水施設。五ケ瀬川と長良川(岐阜県)、揖保川(兵庫県)の3カ所に現存し、五ケ瀬川の畳堤(亀井橋―五ケ瀬橋下流間の左右岸約980メートル)は、大正末期から昭和初期にかけて建設され国内最古とされる。

 工事は、築造から約80年が過ぎて老朽化した堤防の補修に合わせ、同区間の延長220メートルに敷設されている畳堤をいったん取り外し、堤防天端を現在の1〜2メートルから3メートルに拡幅した上、畳堤を川側に移動させる。さらに、堤防の内側に転落防止用の柵を設置、周辺の景観に配慮した塗装を行う。

 国交省延岡河川事務所河川管理課によると、護岸の色目を城山の石垣に近づけるため、日向市平岩の山中から切り出した自然石を使用。緩やかな傾斜の護岸が急にせり上がり、「忍者でも登れない」とされる〃忍び返し、武者返し〃風の石垣に仕立てるという。

 補修工事は上流、下流側2工区に分けて施工しており、進捗(しんちょく)率は11月末現在で約12%。工期は来年2月末まで。総工費は約1億5000万円。

 畳堤が現存する五ケ瀬川左右岸の堤防補強については、環境専門の大学教授や市民団体、区長、国交省、市などで構成する「畳堤プロジェクト」(平成26年発足)が、景観や完成後の利活用に配慮した整備方法を検討。既に船倉町―須崎町の五ケ瀬川右岸堤防補修が完成、堤防天端が広がり転落防止柵が設置されたことで、畳堤見学など散策が可能になった。

         ▽        ▽

 畳堤は、五ケ瀬川両岸に残る歴史的防災施設。コンクリート製の枠の隙間に畳をはめ込むことで、堤防を一時的にかさ上げする目的で造られた設備で、歴史的価値が高く、デザインも優れているとして平成22年に河川功労者表彰、同26年に水防功労者国土交通大臣表彰を受賞。同27年9月に土木学会選奨土木遺産に認定された。

その他の記事/過去の記事
page-top