【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

琴恵光、念願の再入幕−佐渡ケ嶽親方

本紙掲載日:2018-12-26
6面
インタビューに応える佐渡ケ嶽親方
若アユとあゆやながデザインされた化粧まわしで土俵入り
大相撲冬巡業延岡場所の稽古風景
声援を力に変えて大奄美を土俵際に追い込んだ
勝ち名乗りを受ける琴恵光

すごく成長している−形が完成すれば三役も期待

 師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)に現在の琴恵光関の様子、今後について話を聞いた。

−−琴恵光関の最近の様子はどうでしょう。
調子はいいと思います。冬巡業もすべて参加できましたし、延岡場所も大変盛り上がったと、稲田義美後援会長からうかがっています。琴恵光自身相撲もすごく成長しており、強くなっている。一つの形ができつつあるなと感じています。完成すれば、三役にも上がっていけると期待しています。

−−新入幕の7月場所では学んだことも多かったと思います。
反省が生きていると思います。新入幕の時には跳ね返されて、本人も立ち合いの甘さや土俵際の厳しさを感じたと言っていました。そこを研究してやっていけば、上を狙える。現在は体重も増えているようで、私が考えていた理想に近づきつつあると感じています。

−−1月場所に向けての期待はどうでしょう。
十両力士、幕内力士の相撲にだいぶ慣れてきた様子なので10勝以上はしてほしい。伸び伸び取ればできると思います。勝つことが一番うれしいことで、勝ちたい気持ちは分かるんですが、まず自分の相撲を取り切ることが白星につながる。応援してくれる皆さんがいる。元気な姿で土俵に上がっていれば、皆さんが応援してくれる。その期待に応えようという気持ちで土俵に上がってくれれば、良い相撲が取れるようになります。

−−今後の努力目標はどんな点でしょう。
幕内に上がれば受け身の相撲では絶対に勝てません。自分から攻め込んでいくことが大切。今のところ、右差しという一つの形もできつつある。あとは左のまえみつ(前まわし)をしっかり取って、相手に上手を取らせない。逆に上手を取られれば、体が小さい分苦しくなる。そうならないためには、肩を着けて相手の上手を遠くする。これをもっともっと磨くこと。そういう積み重ねで大きな力士と戦うための形ができる。
また、もっと動き回るという手もある。駆け引きは本人が考えると思いますが、いろんなことをやって見せる。私たちの時代は、舞の海さんに一回立ち上がってしゃがんだりといろんな立ち合いを見せられましたから警戒しました。相手に「琴恵光って何でもあるんだな」と思わせることも大切。そうやって最後は自分の形になって寄り切る。そういう相撲を取ることです。

その他の記事/過去の記事
page-top