【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

災害ごみ−受け入れをスムーズに

本紙掲載日:2019-01-29
1面

7地域に支部−発足ルールづくりへ

◆県産廃処理対策ネットワーク会議

 県や市町村、関係団体でつくる県産業廃棄物処理対策ネットワーク会議が25日、宮崎市内であった。災害ごみ受け入れ時の混乱を避けるため、地域ごとに持ち込み先の分担やルールを決めておく地域支部を設けることを決めた。4月から順次、発足させる。

 七つの地域ごとに設け、県北には延岡・西臼杵支部(延岡市、高千穂町、日之影町、五ケ瀬町)と日向・東臼杵支部(日向市、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町)を置く。

 各支部は台風、豪雨などで想定される災害廃棄物の発生量を想定。市町村は民間業者とも契約や協力関係を結び、破砕機や焼却設備の保有状況など処理能力を把握した上で、分別ルールや持ち込み手段、単価などを設定する。

 同ネットワーク会議は東日本大震災規模の広域災害を想定した大枠の役割分担などを協議してきたが、地域単位での細かなルールづくりに取り組むのは初めて。

 きっかけは昨年9月末の台風24号。宮崎市は早期に災害ごみの仮置き場を設置し、産廃協会と連携して分別法や収集品目を周知したが不十分で、現場は次々と持ち込まれる廃棄物の対応に苦慮したという。

 県循環社会推進課は「民間業者と契約を結んでいる市町村はなく、これを機に進めてもらえれば。ひいてはそれが広域災害時のスムーズな対応にも結び付く」と期待した。

その他の記事/過去の記事
page-top