【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2019年新春インタビュー(16)−盧裄探欟綵J欸鯤〇秣膤愕慊

本紙掲載日:2019-01-30
1面

医療、保健、福祉に特化−高い国家試験合格率と就職率

−−昨年4月に学長に就任されました。大学の魅力や特長についてどう感じていますか

【盧螻慊后柯瀉呂盥く、勉強する環境がいいですね。隣は植物園で見晴らしのいい展望台もあり、私も時々行っています。大学は医療・保健・福祉に特化していてほとんどの学科で国家試験合格を目指しますが、専門学校と違って学士の資格を得るので、将来のリーダー養成につながります。国家試験の合格率や就職率も高いのがいい。

−−3月に生命医科学部生命医科学科の1期生が卒業します。

【盧螻慊后朿慍覆任蓮国家資格「臨床検査技師」と日本臨床細胞学会の認定資格「細胞検査士」の受験資格を得ることができます。
1期生は人数も多く優秀です。昨年、細胞検査士の資格認定試験の1次試験を19人が受けて18人が合格しました。期待は大きいですね。

−−今年4月で開学20年目を迎えます。

【盧螻慊后杆内で医療・保健・福祉に特化した大学は他にありません。県内だけでなく豊後大野市や佐伯市など大分県南部の学生も多いです。現在、たくさんの卒業生がこうした地域の医療、福祉の現場で元気よく働いてくれていることはわれわれとしても非常にうれしいですね。十分人材を供給してきたという思いはありますし、この先も延岡市はもちろん県内に人材を供給していきたいと思います。

−−大学は延岡市の協力を得た「公私協力方式」で設置されました。地域とはどう関わっていこうと考えていますか。

【盧螻慊后霸箍市とは福祉関係をはじめ、サフランの栽培研究などいろんな分野で協力しています。延岡だけでなく、依頼を受けて県内のいろんなまちの調査を実施したりもしています。学生にとっては教育につながり、現場を知ることができるのでいいこと。こうした連携ももっと活発にできたらいいですね。
また、現在、市民大学院や公開講座を行っていますが、大学としてさまざまな情報を市民に提供していきたいと思います。

−−学生にはどんな大学生活を送ってほしいですか。

【盧螻慊后杆帖垢凌佑きちんとした教養と判断力を持たないと民主主義は成り立ちません。大学はそうした勉強の場所でもあるので、リベラルアーツ(教養)も勉強してほしいと思います。
一番は、気楽に話せる仲間をつくってほしいということですね。いろいろな考えがあります。全く同じ考えということはありえない話ですが、参考になるので仲間で議論をしてほしい。仕事では上下関係などもあり、気楽に話せるのは学生時代の仲間です。さらに同じ学科だけじゃなく、いろんな学部の学生と友だちになれたらいいと思いますね。学生時代は仲間をつくる。そこに尽きるのではないでしょうか。

−−抱負をお聞かせください。

【盧螻慊后曖隠減仗邑が減少しているので留学生を増やしたいとも思いますが、延岡市出身の学生をもっと増やしたいですね。県内出身の学生は4割ですが、延岡だけだと残念ながら11%ほど。せっかく延岡にある大学ですし、この割合を大きくしたいです。
臨床工学技士や作業療法士など子どもたちが目にする機会が少なくて認知度が低い職種もあります。どんなことを学んでいるのかを中学生や高校生に見てもらうことも大事ではないかと思っています。
また、教員の力を引き出さないことには大学に活気がでない。活気のある大学にしていきたいですね。

その他の記事/過去の記事
page-top