【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大祭と奉納相撲−長野薬師尊

本紙掲載日:2019-02-13
8面

アマ力士が熱い戦い−新生児の土俵入りも

 美郷町の長野薬師尊大祭と奉納相撲大会が10日、同町北郷の長野薬師堂周辺で開かれ、大勢の町民が訪れ、家内安全や無病息災を祈願した。相撲大会は明治時代から連綿と続く行事で、豆力士や中学生、大人の力士が土俵上で熱い戦いを繰り広げた。地元の長谷野公民館(奈須陽一館長)が主催して旧暦の1月9日に最も近い日曜日に開催している。

 早朝は冷え込んだものの、子供相撲が始まる午前10時半すぎには気温も上がり、家内安全などを祈願する参拝者が次々と訪れ、茅(ち)の輪をくぐって薬師堂に手を合わせた。土俵では、幼児や小学生の取組が終わるたびに大きな拍手が湧き、静かな山里に歓声が響いた。

 午後からの奉納相撲を前に、奈須館長が「平成最後の祭りはいい天気に恵まれ、薬師の梅の花も満開に近い。開花した梅の花を祭りの日に見ることができるのはめったにない。先人が築き上げた祭りをこれからも絶やすことなく、続けていきたい」とあいさつ。

 餅まきやたる酒割り、健やかな成長を願う新生児の土俵入りに続き、奉納相撲大会が開かれ、美郷北学園の中学生や延岡、日向市から参加した力自慢がまわしを締め、好取組を繰り広げた。

 取組の合間に日向市から訪れたひょっとこ隊が笑いを振りまき、境内周辺では地元婦人会がしし汁、おにぎり、ぜんざいの振る舞い。大鍋で約120キロを用意したというしし汁には長い列ができた。

 進行役を務めた甲斐勇さんは「こんなに暖かい祭りは珍しい。町内外から大勢のお客さんに来ていただき、予想を上回るにぎわいです」とうれしそうに話した。

 長野薬師堂は宇納間地蔵が奉納されている全長寺の境外仏堂で、九州四十九院薬師霊場の第21番札所。鎌倉時代以前のものと伝えられ、本尊は高さ2メートル、周囲8メートルの巨石。正面に薬師如来、右に毘沙門天、左に観世音菩薩、背面に阿弥陀如来の4尊が彫り込まれ、病気平癒の仏としてあがめられている。

その他の記事/過去の記事
page-top