【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

1日1カ所、日向のこと知って!

本紙掲載日:2019-03-16
7面
6年生が作った日めくりカレンダーの表紙(右)と4日目
十屋市長にカレンダーを手渡す代表児童

財光寺小6年生がカレンダー作成

◆海の環境向上へ−売上金を市に寄贈

 日向市の良さを広くPRしようと、財光寺小学校(三樹和幸校長)の6年生68人が日めくりカレンダー「日向市に来てみらんね!日向のこと知ってヒューカレンダー」を作った。

 総合的な学習の時間に取り組んできた「ハマグリプロジェクト」の一環。市内の観光スポットなどについての紹介文を日向弁で作ってカードに印刷。1日1ページずつ31日めくれるようにしたもので、月や曜日を入れていないため繰り返し使える。A5サイズ。

 昨年11月ごろに制作を決め、地元で協賛企業を募った。集まった資金で、1月ごろから作成を開始。完成品は500円で保護者やイベント時に販売し、16万5000円を売り上げた。

 児童は、プロジェクトでハマグリについて学ぶ中で「日向をハマグリの育つ海に戻したい」と考え、海岸の清掃活動にも取り組んだという。カレンダーの売上金は全額、「日向の海の環境を良くする活動に使ってほしい」と市に寄贈した。

 贈呈式は14日に同小であり、十屋幸平市長と今村卓也教育長が出席。児童がこれまでプロジェクトで取り組んだ内容を6班に分かれて発表し、代表児童が目録とカレンダー100部を手渡した。

 十屋市長は「日向の海でハマグリがまた取れるように私たちがしないといけない。日向のことをもっとたくさん知って、これからみんなが違う場所に行った時に、ふるさとを自慢できるようになってほしい」とあいさつ。

 今村教育長は「作る過程で勉強したことが大きな財産になる。新しい発見もあったと思う。日向を支える中学生になってもらい、皆さんと一緒に日向のまちをつくっていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top