【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県北勢が10部門制覇

本紙掲載日:2019-03-16
9面
延岡道場の入賞者(提供写真)
日向道場の入賞者(提供写真)

第18回極真空手オープントーナメント県空手道選手権大会

 第18回極真空手オープントーナメント県空手道選手権大会(国際空手道連盟ワールド極真会館宮崎県支部主催)は2月24日、宮崎市のKIRISHIMAツワブキ武道館で組手、型の計44部門が行われ、県北勢が10部門を制する活躍を見せた。

 組手は小学5年男子軽量級で阿部舜大(日向道場)、同重量級で馬成良(延岡道場)、同6年男子軽量級で黒木心優(日向道場)、同重量級で井下敦仁(延岡道場)が優勝。小学1年女子は峰瑚花(日向道場)、小学3年女子は新名寧々花(延岡道場)が栄冠に輝き、チャレンジクラスでは小学2年の黒田蓮(日向道場)、小学4年の濱田豹雅(延岡道場)が頂点に立った。

 型は小学1・2年初級を井本海里(延岡道場)、一般の部を小野寛太(日向道場)が制した。

 県北勢の入賞者は次の通り。

【型】
▽小学1・2年初級
^翹楹のぁ扮箍道場、南方小2)

▽同3・4年初級
日吉直輝(延岡道場、土々呂小3)

▽同上級
新名寧々花(延岡道場、旭小3)

▽同5・6年初級
G成良(延岡道場、緑ケ丘小5年)

▽一般
‐野寛太(日向道場、尚学館高1)

【組手】
▽幼年軽量級
椿颯眞(日向道場、大王谷幼)

▽小学1年男子重量級
小早川旺琥(日向道場、門川小)

▽同2年男子軽量級
日高蓮大郎(門川道場、門川小)D慘凝弌米向道場、大王谷小)

▽同重量級
0翹楹のぁ扮箍道場、南方小)

▽同4年男子重量級
∪佚栂弾燹扮箍道場、恒富小)

▽同5年男子軽量級
^ど舜大(日向道場、延岡東小)

▽同重量級
’成良(延岡道場、緑ケ丘小)山田幸征(日向道場、草川小)

▽同6年男子軽量級
々木心優(日向道場、南方小)

▽同重量級
^羃柴愎痢扮箍道場、南方小)田部龍一(同、東海東小)2山和音(日向道場、恒富小)

▽同1年女子
(瑚花(日向道場、五十鈴小)

▽同3年女子
/渓焦々花(延岡道場、旭小)

▽中学1年男子軽量級
黒木心人(日向道場、西階中)

▽同2・3年男子重量級
⊂牧拓哉(日向道場、財光寺南中3)

▽壮年
G鮴仟拯粥扮箍道場)

[チャレンジクラス]
▽小学1年
∪醋醂乃(日向道場、大王谷学園)5特啅楊陝米院土々呂小)

▽同2年
々田蓮(日向道場、大王谷小)武田祥希(同、草川小)

▽同3年
∧蓮仁(日向道場、五十鈴小)

▽同4年
×静追寝蹇扮箍道場、南方小)


◇もっと飛躍を−山田典宏・日向道場分支部長・師範代

 「黒木が全九州大会に続き県大会でも優勝できて安定した強さになっている。中学に上がる今年は、もっと飛躍してほしい。次は6月30日に鹿児島で開催される全九州大会に向けて今から鍛えたい」


◇収穫ある大会−甲斐万久・延岡道場師範代

 「今大会はレベルの高い中、小学高学年の活躍で道場の士気が高まり、収穫のある大会となった。井下は小学生最後の大会で初優勝を飾り、これまでの日々の努力が実った。白石さんは60歳を過ぎての挑戦だったが、堂々の3位入賞を果たし、道場生をはじめ、関係者の皆さんに感動と勇気を与えた」


◇全九州大会へ弾み−都甲俊文・延岡道場指導員

 「型の部は、井本が鹿児島大会に続き2大会連続優勝を飾った。組手の部は井下、馬、濱田、新名がそれぞれ優勝を飾った。6月30日の全九州大会に弾みがついたので、さらに精進してもらいたい。

その他の記事/過去の記事
page-top