【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

市庁舎の変遷を石碑に

本紙掲載日:2019-03-22
3面
創立30周年記念の石碑を前にする日向中央ロータリークラブのメンバー
建立した創立30周年記念碑

日向市新庁舎、3月24日にグランドオープン

◆創立30周年、日向中央ロータリークラブが寄贈

 日向市新庁舎のグランドオープン(24日)に合わせ、日向中央ロータリークラブ(RC、木村礼子会長、10人)は創立30周年記念石碑を庁舎南側出入り口付近に建立した。20日にメンバーが日向市役所を訪れ、十屋幸平市長を訪問した。

 同RCは昭和62年3月18日、日向東RCをスポンサークラブに、国際ロータリー第2730地区53番目(市内3番目)のRCとして、チャーターメンバー28人で設立。2年前の平成29年3月に創立30周年記念式典を開き、記念事業として建立する記念石碑の目録を十屋市長に贈呈した。

 記念石碑は高さが最大で70センチ、横幅40センチ。市の要望で旧庁舎中庭にあった石を再利用した。

 石碑の上部に初代(昭和26年4月〜同29年、幸福神社付近)、2代(同29年3月〜同38年1月、現在地に移転、同38年1月に火災焼失)、3代(同39年12月〜平成30年4月、同地に再建)、4代(同30年5月〜、老朽化で同地へ建て替え)の歴代庁舎の変遷と、旧庁舎(3代目)の写真を銅板(縦28センチ×横35センチ)に刻印している。

 訪問したのは木村会長(60)=同市永江町、木村工務店代表取締役=ら9人。十屋市長が「りっぱものをいただき感謝しています」とお礼を述べると、木村会長は「記念碑そのものが日向の庁舎の歩みを刻んだものであり、ますます日向市が発展していくことを見守ることができる一番良い場所に設置できたことは、会員一同感慨深いものがあります」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top