【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

お雛様とさげ飾り展

本紙掲載日:2019-04-01
6面
多くのさげ飾りとひな人形が並ぶ会場
合同作品の〃藤棚〃

10日まで−美郷町西郷

 7日は旧暦のひな祭り(3月3日)。女の子の健やかな成長を祈る「第6回お雛様(ひなさま)とさげ飾り展」が、31日から美郷町西郷田代の年の神神社境内で始まった。多くの来場を呼び掛けている。

 同町の手芸好きの女性たちでつくる「西郷さげものクラブ」(阪本恵美子代表、16人)が作った下げ飾り(つるし飾り)と、地域の人が持ち寄ったひな人形が、伝統芸能伝習館と神楽殿に所狭しと飾り付けられており、色鮮やか。

 さげ飾りは、ハト、まり、巾着、金魚などの縁起物をかたどったちりめん細工をつるすもので、ハトは「赤ちゃんがお乳にむせないように」、巾着は「お金持ちになれるように」など一つ一つに意味がある。会員が一針一針丁寧に手縫いで作っており、1年目は9さげだったが、今年は56さげにも増えた。

 ひな人形も増え、神楽殿に設置するひな壇を昨年より5段高く12段にした。さらに、七段飾り6組が伝習館の壁を埋めている。

 また、伝習館の入り口では合同作品の〃藤棚〃が来場者を出迎える。小さな藤の花をちりめん細工で一つ一つ作ってつなげた。「この下で記念写真など撮ってもらえればと思って作りました」と阪本代表。来場者にはぜんざいの振る舞いもある。

 きのう、美郷町内は桜が満開。花吹雪を浴び、自然の美しさを堪能しながら訪れた来場者が、展示会場では人の技の美しさに感嘆していた。

 展示は10日まで。開場は午前10時から夕方まで。入場無料。問い合わせ先は美郷町観光協会(電話美郷68・2522)。

その他の記事/過去の記事
page-top