【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

母から習った手仕事展

本紙掲載日:2019-05-23
7面
虎彦サロンで作品展を行っている児玉さん(右)

虎彦サロンで児玉チイ子さん

 延岡市川原崎町在住の児玉チイ子さん(70)によるハンドクラフト「母から習った手仕事展」が、同市幸町の虎彦サロンで開かれている。観覧無料、31日まで。

 児玉さんは都城市出身。当時、家ではカイコを飼っていて、母の東カオルさん(故人)は、繭の出荷が終わった後、不出来だった繭から糸を紡いで機織りをしていた。その手伝いをしながら育ったことから、手仕事が身に付いたという。17歳から延岡市内の洋装店に勤めた。

 友人が以前、同サロンで展示会を開いたことが縁で、これまで作りためたものを披露することにした。帽子やリュックサックなどの縫い物、パッチワークのタペストリー、ちりめん細工、紙バンドで作った籠やハンドバッグなど多彩な作品が、訪れる人を楽しませている。一部の作品は即売もある。

 「小学校に上がる前から母に教えてもらった手仕事で、家庭科だけは誰にも負けませんでした」と児玉さん。「買い物の際には、のぞいてみてください」と来場を呼び掛けた。開場は午前8時〜午後7時(最終日は同5時)。

その他の記事/過去の記事
page-top