【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域創生支援へ

本紙掲載日:2019-07-31
3面
「わがまち基金」広域連携事業の実施に向け手を結ぶ松山理事長(左から2番目)ら、県内4信金と中央信金の代表

県内4信金、国内初の広域連携

◆域外市場産業化を支援−延岡

 県信用金庫協会(会長・阿部政廣南郷信金理事長)は26日、日本財団の「わがまち基金」を活用した地域創生事業に取り組むと発表した。宮崎都城、延岡、高鍋、南郷の県内すべての信金が広域連携した全国初の事例となる。

 「宮崎県における域内市場産業の域外市場産業化に向けた支援態勢構築事業」として、同財団が5千万円を助成。大手地方銀行から支援を受けられない顧客の中小企業に、多方面から専門家を入れて、外貨獲得ができるような磨き上げや商品開発などを力強く後押しする。

 まずは、取り組みやすい食品関連から支援し、初年度は県内から15事業者を選定。このうち延岡信金管内は、延岡市が佐伯市と展開する「東九州バスク化構想」と連携した支援事業を進める。支援対象は年々拡大する見込みで、財団の助成期間後も行政に継続を働き掛けるという。域外市場産業とは地域外を主な市場とする製造業、農業、観光などのこと。

 支援方法としては、コンサルタントなどの専門家と信金の営業マンが、顧客事業所へ積極的に足を運んで、強みやアイデアを掘り起こして販売戦略を策定。ターゲットを絞った商品開発、テスト販売、商談会など販路開拓に努めるという。

 食品関連に限らず幅広い業種を対象にした啓発セミナーも開催。信金自身のノウハウも増やしていくため、研修による若手営業マンの育成にも力を入れる。

 4信金の共同会見で阿部会長は「地域の構造的な課題に4信金が連携し、一貫して面的に支援することで域外市場産業化を促進し、県全体の稼ぐ力の向上を目指す」とあいさつ。延岡信金の松山昭理事長は「創業支援や事業承継も含め支援し、外貨獲得につなげたい」と力を込めた。

 わがまち基金地域に新たなお金の流れを創出することで、地域の課題解決や地域の明るい未来の実現に向けた事業や担い手の育成などを支援し、地域が独自の強みを生かした自律的かつ持続可能な社会の創成を図ることを目的とした日本財団のプロジェクト。2017年度からは信金中央金庫と連携し、地域活性化に取り組む全国の信金などに助成金を交付する地域創生支援の枠組みを設けている。

その他の記事/過去の記事
page-top