【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本社で職場体験感想文

本紙掲載日:2019-08-02
7面

 延岡しろやま支援学校の教諭・堀内ちひろさんは7月24、25の両日、延岡市の夕刊デイリー新聞社本社で記者の仕事を体験しました。感想文を紹介します。

◆特別支援学校教諭・堀内ちひろ

 私は7月24、25日、延岡市の夕刊デイリー新聞社本社において、県の中堅教諭等資質向上研修民間マネジメント研修をさせていただきました。

 目的は、地域社会を担う市民の一人として、民間企業の経営努力や勤務状況などを直接聞いたり体験したりすることにより、視野を広げ、学校教育を客観的・多面的に見直すことです。

 編集部に配属され、取材、編集、校正、レイアウト、デザインなどの部署に分かれている中、教育、文化に関する情報を取材させていただきました。

 1日目は同市の兄弟都市・福島県いわき市に派遣される「ジュニア交流隊」の取材に同行。その後、九州電力延岡営業所で開かれていた玉木藍子さんの色鉛筆画展を取材しました。2日目はイベントの告知記事を書いたり、オペラ「ラ・ボエーム」のメーク講習会の取材に同行したりしました。

 取材の合間には編集、校正、レイアウト、デザイン、印刷、配送の各工程を見学したり、市役所にある記者クラブを見学する機会にも恵まれました。

 新聞記者は、取材相手の話を聞き、話を引き出す力が秀でています。また信頼関係を築き、丁寧な取材を根気よく続ける姿勢に引き込まれました。もちろん倫理観やバランス感覚、正義感を持ち、人として魅力的だと感じました。

 また、夕刊デイリー新聞は県北部地域に特化した情報や、コミュニティーなどの情報伝達手段として企業や市民に親しまれ、かつ求められる新聞であることを実感することができました。

 教員に採用されて15年間愛読する夕刊デイリー新聞の研修は、例えようのない幸せでした。このような機会に感謝しています。2日間の研修を通して学んだことを教育現場で生かし、本県の教育活動に尽力したいと思います。

その他の記事/過去の記事
page-top