【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

戦時中の疎開を縁に交流

本紙掲載日:2019-08-06
7面
日向中と沖縄県浦添市中学生平和交流団の交流会

日向と浦添(沖縄)の中学生

◆「自分たちが平和を守らなければならない」

 日向市の日向中学校(齊藤和昭校長)で1日、沖縄県浦添市中学生平和交流団を迎えての交流会が行われた。

 日向中の生徒会役員と執行部の専門委員長14人、浦添市からは市内の公立中学校5校から2年生10人が参加した。

 戦時中に浦添の子どもたちが日向に疎開していたことが縁で、戦争体験者や同世代の生徒との交流を図ることで戦争と平和について学ぶとともに、平和を希求する心を養うことが目的。

 開会行事では、日向中生徒会長の奈須亮太郎さん(3年)が「互いのことを知り、平和について考える貴重な一日になる。学んだことを今後に生かせるよう、しっかり取り組みたい。楽しく有意義な時間を過ごしたい」と歓迎のあいさつ。

 浦添の生徒を代表し川原尚幸さんが「一緒に平和をテーマに交流できることを楽しみにしている」と述べた。

 戦争体験者を招いての講話では、地元の児玉憲幸さん(84)=大王町=と甲斐誠二さん(82)=財光寺=から、戦時中の日向の現状や疎開生徒との交流などについて聞いた。

 意見交換は、五つのグループに分かれて「平和な世の中の実現のために私たちができること〜今日学んだことをとおして」をテーマに行った。

 「自分の知らないことを調べて戦争の恐ろしさを知り伝えたい」「自分たちが正しい情報を学んで、できることを行動に表し、違う人たちの意見も認め合いながら助け合っていくことが大事」「自分の意見を相手に伝え、戦争のことを相手や次世代に伝えていくことが大切」などと、グループごとに意見交換の結果を発表した。

 訪問団が沖縄民謡「カチャーシー」に合わせて踊りを披露し、地元生徒も参加して踊りの輪が広がった。

 閉会行事では浦添の矢田世蓮さんが「戦争の愚かさを改めて感じるとともに、幸せや平和を自分たちが守っていかなくてはと思った」、日向の村田未來さん(2年)が「とても良い経験になった。きょう学んだことを、それぞれの場所で生かすことが大切」と感想を語った。

その他の記事/過去の記事
page-top