【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ドイツの文化を楽しむ

本紙掲載日:2019-08-20
3面
来場者も一緒にドイツビールで「プルースト(乾杯)」

エンクロスでフェスタ−延岡盛り上げ隊が企画

 東京五輪・パラリンピックで延岡市がホストタウンとなっているドイツに親しむイベント「ドイツフェスタin延岡」が18日、延岡市駅前複合施設エンクロスであった。ドイツのビールや食の飲食ブースが並び、ステージには延岡ゆかりの人たちが次々と登場。ドイツ一色となったエンクロスに多くの人が訪れ、ドイツの文化を楽しんだ。主催は延岡盛り上げ隊(岩本武士隊長)。

 エンクロス東側の特設ステージでは、オープニングで吹奏楽の演奏やダンスパフォーマンス、「めざましどようび」のお天気キャスターの沖田愛加さん(同市出身)が登場して盛り上げた後、来場者も一緒にドイツビールで「プロースト(乾杯)」。岩本隊長と同市出身RKKラジオ(熊本県)キャスターの小野錦さんの司会で進行した。

 ステージはドイツの音楽大学院に留学した山之口美玖さん(ピアノ)と国際コンクールファイナリストの宮田珠江さん(ソプラノ)の生演奏、延岡高校出身の山本泰大さんがボーカルのアーティストグループ「ユメタマゴ」の延岡初ライブなど多彩。延岡で合宿中のドイツ柔道U―18の選手も来場してパフォーマンスした。

 飲食ブースではドイツ直送のたる生ビールやジャーマンポテトやソーセージなどのドイツ料理、かき氷などが販売されて人気。館内ではドイツの遊び体験やグリム童話に登場するようなお菓子の家を紙などで工作するブースが設けられ、子どもたちでにぎわった。

その他の記事/過去の記事
page-top