【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

快勝にも厳しい表情−延岡学園

本紙掲載日:2019-08-29
9面
【代表決定戦・延岡学園―門川】延岡学園は初回、押川が2点左前打を放つ
森監督

第67回県高校新人野球県北大会・サイド

◆主将「フライが多すぎた」

 「勝ちはしたが、チームとしてはまだまだ」。きっちり秋のシードを獲得した延岡学園だったが、主将の押川雄太郎は厳しい表情を崩さなかった。

 前チームで主力を張っていた選手が多く残っており、総合力は県内屈指。特に打線は破壊力十分で、初戦ではその力を見せ付けて本塁打を含む15安打で大勝した。

 この試合でも初回にいきなり無死満塁を作ると、押川が「つないで点を重ねる。低くて強い打球を」と2点左前打。続く二回にも河野哲大の右中間二塁打などが飛び出すなど、序盤からリードを広げた。

 盤石な試合運びに見えたが、三回以降は大振りが目立ち、簡単に打ち上げてしまうシーンが増えた。六回にようやく3安打を集めて2点を追加したが、押川は「フライアウトが多すぎた。チームバッティングが全くできていなかった」と打席での内容の悪さを指摘した。

 2年ぶりのセンバツ出場を目指し、森貞治監督は「秋にベストの状態を持っていけるようにしたい」、押川も「全員がチームを意識した打撃をしなければ。きょう出た課題を練習でしっかり修正し、秋に臨む」。ここから一気に加速していく。


◆新監督に森貞治さん−延岡学園

 延岡学園の新監督に、OBの森貞治さん(57)が就任=写真=。今大会から指揮を執り始めた。

 延岡学園―九州産業大(福岡県)を経て、社会人軟式野球の強豪吉田病院(延岡市)へ。選手やコーチとして活躍し、その後は延岡市内の中学硬式野球チーム「延陵ボーイズ」「延岡リトルシニア」で監督を歴任。チームを何度も全国大会に導いてきた。

 「活気があって、しっかり目標を持ってできている」と今のチームの印象を語る森さん。「強い延学に戻したい」と意気込んでいる。

その他の記事/過去の記事
page-top