【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

田中病院、天皇杯準優勝−全日本軟式野球

本紙掲載日:2019-09-18
1面
準優勝でダイヤモンドを1周する田中病院
田中病院が今大会最初に決勝進出。準優勝を果たした際の熱闘を伝える1983年9月21日付の夕刊デイリー新聞

開院50周年目に快挙

◆静岡ガスに0―1惜敗

 天皇賜杯第74回全日本軟式野球大会最終日は18日、長野県の松本市球場で決勝があった。36年ぶり決勝進出を果たした田中病院(日向支部、門川町)は0―1で静岡ガスに惜敗。初優勝は逃した。主将の仙田山大輝投手が大会の敢闘賞に選ばれた。

 主戦の仙田山投手ら強力投手陣で接戦を勝ち上がった田中病院。決勝は準決勝を逆転勝ちし、勢いに乗る静岡ガスと対戦した。

 ともに走者は出しながら1点が遠い守り合いに。田中病院は先発の柳田亨投手が2回を0点に抑えると、三回からは準決勝完封の大浦友貴投手。五回に相手のうまい攻めで1点を失うが、七回まで好救援を見せた。

 打線も本田将大選手が2安打を放つなど、相手を上回る6安打。再三得点圏に進めたが、あと1本が出ず、本塁が遠かった。

 田中病院の直野祐介監督は「開院50周年の今年、応援してくれる理事長はじめスタッフに、賜杯をどうしても届けたかった。選手たちは試合ごとに成長してくれて、勝ち上がる雰囲気になっていった。全国で戦える自信を得たと思うので、ミスをしない野球を磨き、次は賜杯を取りたい」と話した。


◆83年の決勝・延長45回の熱戦−2度の準Vは県勢初

 田中病院は、1983年9月の第38回大会(茨城県開催)に県勢初の決勝進出を果たし、同20日に東京のライト工業と対戦。延長45回の戦いを繰り広げ、全国的に注目を集めた。

 当時、田中病院・池内雄一郎投手と東京のライト工業・小山良春投手の投げ合い。延々、スコアはゼロ行進。延長35回表に東京ライト工業が1点を先取したものの、田中病院はその裏に1点を入れ同点。結局、45回表にライト工業が1点を追加、2対1で逃げ切った。

 この時、ライト工業は途中から投手が交代したが、田中病院は池内投手が一人で投げきった。試合時間8時間超えは当時、全国区で話題となった。

 天皇杯の74年間の大会で決勝進出を果たした本県勢は83年と今回のいずれも田中病院のみ。優勝こそ逃したものの、2度の準優勝は快挙と言える。

その他の記事/過去の記事
page-top