【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「あさひの森」づくり−旭化成延岡

本紙掲載日:2019-12-20
3面
「あさひの森・日之影掘廚龍定書を手にする旭化成延岡支社の濱井支社長(左から3人目)、佐藤町長(同5人目)、藤田組合長(同6人目)河野知事ら

日之影町、西臼杵森組、県と協定

 旭化成延岡支社(濱井研史支社長)による企業の森づくり「あさひの森・日之影掘廚寮鞍保全協定調印式が17日、宮崎市であった。来年4月から5年間で、日之影町分城小原の町有林に4・52ヘクタール(4万5200平方メートル)にヤマザクラなど広葉樹1万1300本を植栽する。

 濱井支社長と、森林提供者の佐藤貢日之影町長、植樹や下草刈りなどを指導・助言する西臼杵森林組合の藤田利廣組合長、企業の森林づくりをコーディネートする県から河野俊嗣知事が出席。同支社の佐藤彰洋延岡総務部長、県緑化推進機構の谷口義信理事長、佐野詔藏県環境森林部長の立ち会いで、協定書に押印した。

 知事は旭化成延岡支社が、企業の森づくり事業を開始して間もない2007年3月から五ケ瀬川流域で植樹活動に取り組み、今回で7件目となることを紹介。「地球温暖化や異常気象などが叫ばれる中、こういう形で森林づくりができていることがうれしい」と感謝した。

 濱井支社長は11年間で43ヘクタールに12万8000本を植樹し、活動は「社員や家族のいい交流の場になっている」と報告。「環境問題に対する企業の責任はこれからさらに大きくなる。地域に貢献できるよう、具体的な活動を続けていきたい」とあいさつした。

 佐藤町長は1920(大正9)年の水力発電所建設以来、町民は旭化成の恩恵を受けており、今回も伐採後の山林に植樹してもらえることに感謝。「今後もいろんな形で協力しながら、地域の環境保全に努めたい」と連携に期待を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top