【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

1年の汚れ落としさっぱり

本紙掲載日:2019-12-30
3面
鐘や柱を磨き上げる参加者

城山の鐘に感謝、すす払い−延岡

 延岡市の城山公園の鐘突き堂で27日、すす払いがあった。1年間、市民に時を知らせてきた鐘に感謝の気持ちを込めて汚れを落とし、丁寧に拭き上げた。

 8代目鐘守の日盥彦さん(55)が午前10時の時鐘を突き終えると、日發気鵑隼圓凌Π、シルバー人材センターの会員ら総勢13人が、早速作業。大きな竹ザサを使って鐘の上部やお堂の隅々のほこりを払い、雑巾で鐘や柱などを丁寧に拭き上げた。鐘の音を共鳴させるために置かれている四つの大きなカメも、1年間でたまった雨水などを取り除き、元の場所に戻した。

 日發気鵑蓮嵒縮名紊呂修鵑覆鳳れていないと思ったが、汚れがすごかった。1年間お疲れさま、来年もよろしくという気持ちで拭き上げた」と話し、「延岡の竜巻被害、全国各地での災害など、心が痛む出来事がたくさんあった。来年は何事もなく、皆さんが平穏に過ごせる一年になるよう、願いを込めて突きたい」と話した。

 最後に市の職員らが鐘を突く撞木(しゅもく)と鐘突き堂の柱に紅白の布を巻き付け、年越しに向けた準備を終えた。31日の除夜の鐘は、最初と最後を除く106回を市民が突くことができる。午後10時30分から希望者に整理券を配布し、同11時45分から突き始める。

その他の記事/過去の記事
page-top