【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

減免訴え−県ホテル旅館業組合延岡支部

本紙掲載日:2020-03-27
1面
読谷山市長に要望書を手渡す山田支部長(26日、延岡市役所)

固定資産税など、読谷山市長に要望書

 新型コロナウイルス感染症の拡大で多方面に大きな影響が及ぶ中、県ホテル旅館生活衛生同業組合延岡支部(山田圭吾支部長)は26日、延岡市の読谷山洋司市長に「固定資産税の減免」「公共料金(上下水道料金)の減免」などを求める要望書を提出した。

 要望事項は他に、「貸付制度の申し込み事務手続きの簡素化並びに迅速化」「屋外公共施設利用の緩和」「設備改善への50%補助施策」。

 また、収束後にV字回復するための支援策関連として、「宿泊クーポン、交通振興券、観光振興券、地域振興券、物産振興券の実施」「公共施設全ての無料開放」「延岡市観光のPR展開への助成」も要望した。

 同支部が加盟19社から回答を得たアンケートの結果によると、全体で2月の売り上げが前年比19・3%減、宿泊人数が同637人減、キャンセル人数(一部無回答)は2199人。3月は15日までに売り上げが前年比40%減、宿泊人数が同3083人減、キャンセル人数(一部無回答)は4681人。中には3月の売り上げが15日までゼロという施設もあった。

 同支部によると、スポーツ・文化イベントの開催を自粛する動きが加速し始めた2月下旬から、大会や合宿、企業の出張、観光客、歓送迎会などの予約キャンセルが相次いだという。同支部のアンケートには「宴会・レストラン等でもキャンセルが8千人を超え、非常に厳しい状況」「4月・5月にかけてのキャンセルが多くて大変」などの意見が寄せられた。

 読谷山市長は「厳しい状況と改めて認識させていただいた。政府が4月にも国会に追加の予算案を提案する動きがあるといわれている。情報収集し、状況を見ながら対策をさせていただきたい」と述べた。

 また、屋外公共施設利用の緩和については「宮崎市内では一部公共施設再開の動きがあるが、延岡市は大分に接しており、熊本も近いので同じ対応は取りづらい」など説明し、4月24日まで自粛を継続することへの理解を求めた。

 要望書提出後、山田支部長は「3月は売り上げへの影響がさらに広がるのではないだろうか」と危惧。「年間の4分の1(2〜4月)ほど、ほぼ営業ができない状態なので、固定資産税の年間の4分の1程度を免除していただければ。国が市に補助するとなった時は考えていただきたい」と話した。


その他の記事/過去の記事
page-top