【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

Web使い遠隔授業

本紙掲載日:2020-05-08
1面
パソコンに向かって講義を行う山内准教授(7日午後、九州保健福祉大学)

今年度がスタート−九保大

 大型連休明けの7日、延岡市吉野町の九州保健福祉大学(兒玉修学長)では、Webを使った遠隔授業で今年度がスタートした。

 当初、4月7日に前期の授業開始を予定していた同大学。感染拡大の状況などを踏まえて開始日を2度延期していた。この間、複数の利用者同士でWeb通話ができる「GoogleMeet」を使った授業の準備を進めていた。

 5限目にあった薬学部の山内利秋准教授の授業では、講義室に機材を持ち込んで準備。開始前からパソコン上で受講生のログイン状況などを見守り、全員がそろうと、「カメラどう?」などと確認していた。

 講義では、スライドを用いて説明するなど、通常の授業と同じように展開。紙媒体で資料を手渡すことができないため、PDFファイルにした資料を受講生それぞれにメールで送るなどして、講義を進めていた。

 同大は授業ができなかった期間、インターネットを通じて大学内のさまざまな情報を提供するシステム「ユニバーサルパスポート」を活用し、学生に準備学習を用意。また初の試みのため、事前に教職員、学生それぞれにオリエンテーションを実施したという。

 山内准教授によると、同じ授業内容であっても学生の反応が分かりづらく、「伝え方、起承転結が変わってくる」。準備に通常の数倍の時間がかかったというが、「講義内容の幅が広がると思う」と手応えもつかんだ様子だった。この日は、4月に入学したものの来日できていない韓国人の留学生も講義に参加できたという。

 Webを使った授業のため、パソコンやインターネット環境が必須など課題もある。同大は、環境が整っていない学生をあらかじめ把握し、大学内に場所を設けて受講させるなど、学生が教育を均等に受けられるよう工夫している。

その他の記事/過去の記事
page-top